Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mvrp

Syntax (EX Series with ELS Support)

Syntax (EX Series)

Syntax (MX Series, EX Series, SRX 1500, SRX 300, SRX 550M, SRX 345, SRX 340, SRX 320)

EX Series with ELS Support

EX Series and MX Series

SRX 1500, SRX 300, SRX 550M, SRX 345, SRX 340, SRX 320

Description

レイヤー2ネットワークでは、VLAN 情報を動的に共有し、必要な Vlan を動的に設定するように、複数の VLAN 登録プロトコル (MVRP) を構成します。アクティブな Vlan に基づいて VLAN 構成を維持すると、ネットワークで移動するトラフィックの量が減り、ネットワークリソースが節約されます。MVRP はトランクインターフェイス上で構成されています。

トランク インターフェイス上で複数の VLAN 登録プロトコル(MVRP)を設定し、スイッチのアクセス インターフェイスが設定済み VLAN でアクティブまたは非アクティブになったら、トランク インターフェイスの VLAN メンバーシップ情報が更新されていることを確認します。

注:

Junos OS リリース11.3 では、MVRP は IEEE 標準 802.1 ak に準拠するように更新されました。この更新によって、混在するリリースネットワークで互換性の問題が発生する可能性があります。詳細については、スイッチの複数の VLAN 登録プロトコル (MVRP) の設定を参照してください。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

Default

MVRP はデフォルトでは無効になっています。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース10.0 で導入されました。