Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

レプリカ

構文

階層レベル

説明

トランクインターフェイスの場合は、インターフェイスがトラフィックを伝送できる Vlan を構成します。

ヒント:

設定されているがコミットされていない VLAN など、システム上で設定済みのすべての VLAN のリストを表示するには、設定モード コマンド ラインの後またはを ?vlanvlans 入力します。VLAN の範囲では、VLAN が1つだけ表示されていることに注意してください。

注:

スイッチごとにサポートされる Vlan 数は、モデルによって異なります。構成モードコマンドset vlans id vlan-id ?を使用して、1つのスイッチで許可される vlan の最大数を決定します。各 VLAN には、作成時に ID 番号が割り当てられるため、この VLAN 制限を超えることはできません。ただし、推奨される VLAN メンバーの最大数を超えることは可能です。

拡張レイヤー2ソフトウェア (ELS) 構成スタイルをサポートしていない Junos OS を実行する EX シリーズスイッチでは、スイッチで許可される VLAN メンバーの最大数は、スイッチがサポートする Vlan の最大数 (vmember 制限 = VLAN max * 8) になります。スイッチの設定が、推奨される VLAN メンバー最大数を超えると、構成をコミットするときに警告メッセージが表示されます。警告を無視してそのような設定をコミットすると、設定は成功しますが、メモリ割り当てエラーによりイーサネット スイッチング プロセス( )がクラッシュする eswd リスクが発生します。

ELS をサポートする Junos OS を実行する EX シリーズスイッチでは、スイッチで許可される VLAN メンバーの最大数は、スイッチがサポートする Vlan 数の24倍です (vmember 制限 = VLAN max * 24)。いずれかのスイッチの構成が、推奨される VLAN メンバー最大数を超えた場合、システムログ (syslog) に警告メッセージが表示されます。

オプション

all—このトランク インターフェイスが、このスイッチで設定されているすべての VLAN のメンバーされていることを指定します。スイッチに新しい VLAN が設定されている場合、このトランクインターフェイスは自動的に VLAN のメンバーになります。

注:

VLAN メンバー数は限られているので、VLAN メンバーの数を指定すると、ある時点で上限を all 超える可能性があります。

注:

構成されている各 VLAN は、設定をコミットしようとするときに、VLAN ID が指定されている必要があります。それ以外の場合、設定コミットは失敗します。また、 all スイッチ上の VLAN の名前にすることはできません。

名前— 1 つ以上の VLAN の名前。この場合、VLAN Id が自動的に適用されます。

vlan-ids—1 つ以上の VLAN の数字識別子。一連のタグ付き VLAN の場合は、範囲を指定します。たとえば、 10–2010–20 23 27–30 .

注:

構成を正常にコミットするには、構成済みの VLAN ごとに、VLAN ID を指定する必要があります。それ以外の場合、設定コミットは失敗します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース9.0 で導入されました。

スイッチ向けソフトウェア リリース 9.5 CLI(補完機能)機能で更新Junos OS ? されたステートメントEX シリーズされます。

QFX シリーズの Junos OS リリース11.1 で導入された明細書。