Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mapping

構文(EXシリーズ)

構文(QFXシリーズ)

階層レベル

説明

特定の C-VLAN を S-VLAN にマッピングします。デフォルトでは、受信した受信または送信タグは新しいタグに置き換えられます。

このステートメントは、インターフェイスからVLANにトラフィックをマッピングするようにファイアウォールフィルターを設定する場合にも必要です。インターフェイスからVLANにトラフィックをマッピングするようにファイアウォールフィルターを設定する場合は、このコマンドを mapping policy 使用して オプションを設定する必要があります。ファイアウォールフィルターはまた、VLANのインターフェイスからのトラフィックを vlan マッピングするために、ファイアウォールフィルターのスタンザのファイアウォールフィルタースタンザの一致条件に対するアクションを使用して設定する必要があります。

オプション

EX シリーズの場合:

native-タグなしおよび優先度タグ付きパケットをS-VLANにマッピングします。

policy— インターフェイスをファイアウォール フィルター ポリシーに S-VLAN にマッピングします。

push-受信したタグを保持し、元のタグを置き換える代わりにVLANタグを追加します。

swap- 受信VLANタグをS-VLANのVLAN IDタグにスワップします。このオプションの使用は、VLAN ID 変換とも呼ばれます。

tag—インターフェイス上で受信する 802.1Q タグを保持します。

QFX シリーズの場合:

inner-tag (QFabric システムのみ)—指定されたタグを内部タグとして、アクセス インターフェイスでタグなしとして受信したパケットに適用します。

native-タグなしおよび優先度タグ付きパケットをS-VLANにマッピングします。

push-受信したタグを(内部タグとして)保持し、追加のVLANタグを追加します。このオプションを使用すると、外部タグのTPIDが次のように設定されます。

  • VLANでQ-in-Qトンネリングが有効になっていない場合、外部タグのイーサタイプは0x8100に設定されます。

  • VLAN で Q-in-Q トンネリングが有効になっており、パケットがトランク ポートから出る場合、Ethertype は0x88a8に設定されます(または ステートメントで設定)。ether-type

swap- 受信VLANタグをS-VLANのVLAN IDタグに置き換えます。このオプションを使用すると、VLAN ID 変換とも呼ばれます。Q-in-Q トンネリングが有効になっているトランク ポートでこのオプションを使用する場合、 ステートメントを ether-type 使用して Ethertype を設定します。

tag—置き換えられる元のVLANタグ(と swap)、または内部タグ(と push)になる元のVLANタグ。

必要な権限レベル

システム—設定でこのステートメントを表示します。システム制御—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 9.6 で導入されたステートメント。

EX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 10.0 で導入されたオプション swap