Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mac-table-aging-time

Syntax

Hierarchy Level

Description

MAC アドレスをイーサネット スイッチング テーブルに保持する期間は、デバイス全体に対して設定するか、特定の[edit vlans] VLAN に対してのみ設定するかに応じて、階層の[edit ethernet-switching-options]ステートメントを使用してmac-table-aging-time設定します。

として時間 unlimitedを指定すると、エントリはテーブルから削除されることはありません。通常、この設定は、デバイスまたは VLAN にかなり静的なエンド デバイス数がある場合にのみ使用します。それ以外の場合、テーブルは最終的にいっぱいになります。この設定を使用すると、テーブルから削除されたMACアドレスに対してトラフィックが到着したときに発生する可能性のあるトラフィックロスとフラッディングを最小限に抑えることができます。

注:

ステートメントは mac-table-aging-time 、ELS(拡張レイヤー 2 ソフトウェア)設定スタイルをサポート していない デバイスの Junos OS CLI に表示されます。デバイスが ELS をサポートするソフトウェアを実行している場合は、階層に表示される global-mac-table-aging-time ステートメントを [edit protocols l2-learning] 使用します。ELS の詳細については、「 拡張レイヤー 2 ソフトウェア CLI の使用」を参照してください。

Default

エントリーはイーサネット スイッチング テーブルに 300 秒間保持されます。

Options

seconds— エントリーが削除される前にイーサネット スイッチング テーブルに残る時間。

  • 範囲:60~1,000,000 秒

  • 既定:300 秒

unlimited—エントリーはイーサネット スイッチング テーブルに残ります。

Required Privilege Level

system — このステートメントを設定で表示します。

system-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 9.0 で導入されたステートメント。

EX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 9.4 で更新され、階層レベルが含まれる [edit ethernet-switching-options] ようステートメントが更新されました。