Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

leave-timer (MVRP)

構文

EX シリーズ、QFX シリーズ、QFabric

M Series、SRX シリーズ、MX シリーズ、T Series

説明

MVRP(Multiple VLAN Registration Protocol)では、VLAN が登録解除される前にスイッチが Leave 状態で VLAN を保持するミリ秒の数を設定します。このタイマーが終了する前にインターフェイスがジョイン メッセージを受信した場合、VLAN は登録されたままになります。

設定を変更する説得力のある理由がない限り、デフォルトのタイマー設定を維持します。タイマーを不適切な値に変更すると、MVRP の操作が不均衡になる可能性があります。

既定

1000 ミリ秒

オプション

milliseconds- VLAN が登録解除される前にスイッチが Leave 状態で VLAN を保持する間隔。少なくとも、ジョインタイマー間隔(300ミリ秒から1000ミリ秒までの範囲)の2倍の間隔を設定 leave-timer します。設定を変更する説得力のある理由がない限り、デフォルトのタイマー設定を維持します。タイマーを不適切な値に変更すると、MVRP の操作が不均衡になる可能性があります。

必要な権限レベル

ルーティング—設定でこのステートメントを表示します。ルーティング制御—設定にこのステートメントを追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 10.0 で導入されたステートメント。