Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インターフェイス-mac 制限

構文

階層レベル

説明

ブリッジドメイン、VLAN、仮想スイッチ、または一連のブリッジドメインまたは Vlan から学習できる MAC アドレス数に制限を設定します。

注:

アクティブ/アクティブ モードのマルチシャス リンク アグリゲーション(MC-LAG)ピアでは、トラフィックが流れるときにステートメントを設定するか、設定を変更すると interface-mac-limit 、2 つの MC-LAG ピア間の MAC エントリーが同期から外れ、フラッディングが発生する可能性があります。 interface-mac-limit フラッディングを回避するには、トラフィック転送を停止してからステートメントを設定するか、設定ステートメントを使用して両方のピア ノードで同時に変更を interface-mac-limitcommit at コミットする必要があります。

または、フラッディングが発生した場合は、 コマンドを使用して、ルーターまたはスイッチの両方のブリッジ MAC テーブルを消去 clear bridge mac-table できます。このコマンドを実行すると、MAC エントリが再学習され、両方のピア間で同期が行われるようになります。

デフォルトの MAC 制限はプラットフォームによって異なります。

オプション

disable:インターフェイスのグローバル interface-mac 制限設定を無効にし、デバイスで許可されている最大インターフェイス mac 制限を設定します。

limit—インターフェイスから学習した MAC アドレスの最大数を設定します。

  • < 1 インターフェイス当たりのデフォルト MAC 制限 > MAC アドレス。範囲はプラットフォームによって異なります。

両方disableを設定したlimit場合は、disable が優先され、パケットアクションnoneがの設定になります。残りのステートメントは別に説明されています。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 8.4 Junos OSで発表されたステートメント。

リリース switch-options 9.2 で追加されたステートメントJunos OSサポート。

リリース9.2で追加されたルーティング インスタンスのタイプに対する virtual-switch Junos OS設定をサポートしています。リリース 9.1 Junos OS 以前では、ルーティング インスタンス階層でこのステートメントがサポートされているのは、VPLS インスタンスまたはプロトコル 内に設定されたブリッジ ドメイン仮想スイッチ。

Junos OS リリース9.6 で追加された論理システムをサポートします。

[スイッチオプションの編集] 、[ switch-options interface-nameの編集] 、[ vlan 名前の切り替え-オプションの編集] 、 [vlan を編集] EX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 12.3R2 で導入された階層レベル。