Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

input-vlan-map

Syntax

Hierarchy Level

Description

ギガビット イーサネット IQ、10 ギガビット イーサネット SFPP インターフェイス、100 ギガビット イーサネット タイプ 5 PIC(CFP のみ)、ギガビット イーサネット、10 ギガビット イーサネット、40 ギガビット イーサネット、アグリゲート イーサネット インターフェイスでは、この論理インターフェイス上の受信フレームに適用する書き換えプロファイルを定義します。

残りのステートメントについては、個別に説明します。CLI エクスプローラーを参照してください。

注:

設定されているすべてのインターフェイスinput-vlan-mapの CFM(接続障害管理)セッションは、インターフェイスに as output-vlan-map pop;の明示的な設定output-vlan-mapがある場合にのみサポートされます。「output-vlan-map」を参照してください。この設定は、CFM セッションがそのインターフェイス上にある場合でも、同じトポロジのデータ パス内の別のインターフェイス上にある場合でも、トポロジ内のすべてのインターフェイスに必要です。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

pop-poppop-swappush-pushswap-pushおよび swap-swap Junos OS リリース 8.1 で導入されたステートメント。