Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

forwarding-options

Syntax

Chassis: EX4600 and QFX Series

Chassis: EX4600 and QFX Series

Chassis: EX4600 and QFX Series

Hierarchy Level

Description

次の場合に使用可能なメモリ量を割り当てるために、統合転送テーブル プロファイルを設定します。

  • MAC アドレス。

  • レイヤー 3 ホスト エントリー。

  • 最長プレフィックス一致テーブル エントリ。

この機能を使用すると、ネットワークのニーズに応じて、さまざまな種類の転送テーブル エントリで使用可能なメモリ量を最適化するプロファイルを選択できます。たとえば、多数のサーバーや仮想マシンを持つ仮想化ネットワークなど、大量のレイヤー 2 トラフィックを処理するスイッチでは、MAC アドレスに最大量のメモリを割り当てる 、を選択 l2-profile-oneします。

JUNos OS リリース 13.2X51-D10 または Junos OS リリース 13.2X51-D15 以降のどちらを使用するかに応じて、LPM テーブル エントリーのメモリ割り当てを異なる方法で設定します。LPM テーブル エントリーのメモリ割り当ての設定の詳細については、「 スイッチでの統合型転送テーブルの設定」を参照してください。

num-65-127-prefix numberステートメントは、 および lpm-profilecustom-profileサポートされていません。prefix-65-127-disable and unicast-in-lpm ステートメントは、 でlpm-profileだけサポートされています。

転送テーブル プロファイルを変更して設定をコミットすると、ほとんどの場合、パケット転送エンジンが自動的に再起動し、新しいパラメータが適用され、データ インターフェイスがダウンしてから再度稼働します。

ただし、Junos OS リリース 14.1X53-D40、15.1R5、16.1R3 以降は、EX4600 スイッチまたは QFX5100 スイッチで構成されるバーチャル シャーシ またはバーチャル シャーシ ファブリック(VCF)では、メンバー スイッチのパケット転送エンジンは、統合転送テーブル プロファイル変更の設定とコミット時に自動的に再起動しません。この動作により、バーチャル シャーシや VCF の不安定性が回避され、プロファイル変更がメンバー スイッチと複数のパケット転送エンジンに同時に再起動された場合に、コンバージェンス期間が長くなります。この環境では、プロファイル設定の変更を最初にコミットしたときに自動的に再起動するのではなく、プライマリ スイッチの CLI プロンプトにメッセージ Reboot required for configuration to take effect が表示され、次回バーチャル シャーシまたは VCF を再起動するまでプロファイルの変更は有効にならないことを通知します。この機能をサポートするメンバー スイッチにプロファイル設定の変更が反映され、この保留中の設定変更を適用するために再起動が必要であることを通知する通知が、プライマリ スイッチおよび該当するメンバー スイッチのシステム ログに表示されます。その後、コマンドを使用して request system reboot 計画ダウンタイム期間中にプロファイル変更を有効にし、新しい設定で安定したバーチャル シャーシまたは VCF を迅速に確立します。

注:

統合転送テーブル プロファイルの変更は、設定更新をコミットした 直後 にバーチャル シャーシまたは VCF システムを再起動する準備ができている場合にのみ行う必要があります。そうしないと、構成変更のコミットからバーチャル シャーシまたは VCF の再起動までの間に、メンバーに問題が発生して再起動された場合、システムに不整合が生じる可能性があります。その場合、新しい構成は再起動されたメンバーに対して有効になりますが、変更は他のすべてのメンバーでまだアクティブ化されていません。

残りのステートメントについては、個別に説明します。CLI エクスプローラーを参照してください。

Options

profile-name

統合転送テーブル内のメモリ割り当てに使用するプロファイルの名前です。 表 1 は、エントリーの各タイプに対して設定された値と関連する値を持つ、選択できるプロファイルをリストします。

QFX5200 シリーズ スイッチでのみ、選択 custom-profileすることもできます。このプロファイルを使用すると、1~4 つの共有ハッシュ メモリ バンクから特定の転送テーブル エントリに割り当てることができます。各共有ハッシュ メモリ バンクには、最大で 32,000 個の IPv4 ユニキャスト アドレスを格納できます。

表 1: Unified Forwarding Table Profiles
プロファイル名 MAC テーブル ホスト テーブル(ユニキャスト アドレスとマルチキャスト アドレス)
  MACアドレス数 IPv4 ユニキャスト IPv6 ユニキャスト IPv4(*、G) IPv4(S、G) IPv6(*、G) IPv6(S、G)

l2-profile-one

288,000

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4K

4K

l2-profile-two

224,000

80K

40,000

40,000

40,000

20K

20K

l2-profile-three (デフォルト)

1,600,000

144,000

72,000

72,000

72,000

36,000

36,000

l3-profile

96,000

208,000

104,000

104,000

104,000

52,000

52,000

lpm-profile*

32,000

16,000

8,000 万

8,000 万

8,000 万

4K

4K

* このプロファイルは、Junos OS リリース 13.2X51-D10 の IPv4 のみをサポートしています。Junos OS Relase13.2X51-D15 以降では、 lpm-profile IPv4 および IPv6 エントリをサポートしています。

注:

ホストが任意のタイプのエントリーの最大数を格納する場合、表全体が満杯になり、他のタイプ のエントリーを 収容できません。テーブル エントリの有効な組み合わせについては、「 統合転送テーブルについて」を参照してください

l2 エントリー|l3 エントリー|lpm エントリー

(custom-profile only)特定の数の共有メモリ バンクを割り当てる転送テーブル エントリのタイプ(レイヤー 2、レイヤー 3、LPM)を選択します。各タイプのエントリーに割り当てるメモリーの量を個別に構成します。

数字バンク

(custom-profile only) 転送テーブル・エントリーの特定のタイプに割り振る共用メモリー・バンクの数を指定します。各共有メモリ バンクには、32,000 個の IPv4 ユニキャスト アドレスが格納されます。

  • 範囲:0~4。

    注:

    共有メモリ バンクは 4 つあり、3 種類の転送テーブル エントリー間で柔軟に割り当てられます。特定のエントリー・タイプに共用メモリーを割り振らない場合は、番号を指定します 0。設定をコミットすると、システムはコミット チェックを発行して、4 つ以上のメモリ バンクを設定していないかどうかを確認します。4 つの共有メモリ バンクすべてを設定する必要はありません。デフォルトでは、各エントリー タイプには、共有メモリ内の 32,000 個の IPv4 ユニキャスト アドレスに相当するものが割り当てられます。

エグレスマルチキャストイネーブル

既知のマルチキャスト トラフィックのエグレス sFlow サンプリングを有効にします。

エグレスマルチキャストの最大複製 レート

既知のマルチキャスト トラフィックに対する FPC あたりの最大 sFlow サンプル レプリケーション レートを指定します。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

EX シリーズ スイッチの Junos OS リリース 13.2X50-D10 で導入された階層レベル [edit vlans vlan-name]

MX シリーズ ルーターの Junos OS リリース 14.1 で導入された階層レベル [edit bridge-domains bridge-domain-name]

custom-profile QFX5200シリーズスイッチのみのJunos OSリリース15.1x53-D30で導入されたオプション。