Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dhcp リレー

構文

階層レベル

説明

スイッチでの拡張動的ホスト構成プロトコル (DHCP) 中継オプションと DHCPv6 中継方法を構成し、スイッチが DHCP リレーエージェントとして機能するようにします。Dhcp リレーエージェントは、dhcp クライアントと DHCP サーバー間で DHCP 要求と応答パケットを転送します。

DHCP リレーは、動的プロファイルの添付ファイルをサポートし、ローカルの AAA サービスフレームワークと通信して、RADIUS などバックエンド認証サーバーを使用して加入者の認証を提供します。動的プロファイルを添付し、グローバルベースまたは特定のインターフェイスグループに対して認証のサポートを構成できます。

And ステートメントで構成された拡張 DHCP および DHCPv6 リレーエージェントオプションは、 bootpステートメントで構成された DHCP/BOOTP リレーエージェントオプションと互換性がありません。 dhcpv6dhcp-relay その結果、拡張 DHCP または DHCPv6 リレーエージェントと DHCP/BOOTP リレーエージェントを同時にルーター上で有効にすることはできません。

残りのステートメントは個別に説明されています。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース11.3 で導入されました。