Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ether-オプションの集約

構文 (EX、MX シリーズ)

構文 (NFX、QFX シリーズ、EX4600、OCX1100、QFabric)

およびfcoe-lagmc-aeステートメントは、OCX シリーズスイッチではサポートされていません。

階層レベル(EX シリーズ、QFX シリーズ)

説明

特定の集約型イーサネットインターフェイスのアグリゲートイーサネットプロパティを構成します。

注:
  • およびfcoe-lagmc-aeステートメントは、OCX シリーズスイッチではサポートされていません。

  • このforce-upステートメントは、QFX10002 スイッチではサポートされていません。

  • このresilient-hashステートメントは QFX5200、qfx5210-64c、または QFX10002 スイッチではサポートされていません。

  • QFX スイッチでは、ステートメントはスイッチの QFX10000 シリーズ でサポートされています。ステートメントとステートメントは enhanced-convergencerecovery-delay-time 、QFX5000 およびスイッチQFX10000 シリーズでサポートされています。

残りのステートメントは個別に説明されています。CLI エクスプローラーを参照してください。

オプションが有効になっていません。

必須の権限レベル

インターフェイス — このステートメントを設定に表示します。

interface-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース9.0 で導入されました。

Junos OS fcoe-lagリリースno-fcoe-lag 13.2 x52 では、QFX シリーズについて説明しています。

force-uplacp、Junos OS resilient-hashでは、リリース14.1 の x53-D10 を QFX シリーズに導入しました。

QFX シリーズlocal-minimum-links-thresholdの Junos OS リリース 14.1 X53-D40 で導入された文。