Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ダイナミック 802.1 Q Vlan の構成

クライアントがインターフェイスにアクセスしたときに、まだ存在していない VLAN ID を要求したときに、Vlan を動的に作成するようにルーターを設定できます。クライアントが VLAN インターフェイスにアクセスすると、ルーターはそのインターフェイスに関連付けられた VLAN ダイナミックプロファイルをインスタンス化します。ルーターは動的プロファイルの設定を使用して、クライアントに関する情報を受信パケットから抽出し (インターフェイスとユニット値など)、この情報をルーティングテーブルに保存してから、クライアント用の VLAN またはスタックド VLAN ID を a から作成します。インターフェイスに対して構成する VLAN Id の範囲。

Vlan またはスタックをダイナミックに構成するには、以下の一般的な手順を実行する必要があります。

  1. ダイナミック VLAN または動的にスタックされた VLAN の作成用に動的プロファイルを設定します。

  2. VLAN またはスタックダイナミックプロファイルをインターフェイスに関連付けます。

  3. VLAN ダイナミックプロファイルが受け付けるイーサネットパケットタイプを指定します。

  4. Vlan Id を作成する際に、動的プロファイルで使用される VLAN 範囲を定義します。

クライアント アクセス用に動的 VLAN と動的スタック VLAN を設定する方法の詳細については、「 加入者管理およびサービス ライブラリ 」Junos OS を参照してください