Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

セキュリティ用共有リスク リンク MPLS

SRLG の概要

トラフィックエンジニアリング MPLS では、共有リスクリンクグループ (SRLG) は共通リソースを共有するリンクのセットです。共通リソースに障害が発生した場合、そのセット内のすべてのリンクに影響を及ぼします。これらのリンクは、障害の同じリスクを共有しているため、同じ SRLG に属していると見なされます。たとえば、ファイバーに障害が発生すると、グループ内のすべてのリンクが失敗する可能性があるため、共通ファイバーを共有するリンクは同じ SRLG であると言われています。

SRLG は、IGP (OSPFv2 および IS-IS) ドメイン内でユニークな32ビット番号で表されています。リンクは、複数の SRLGs に属することがあります。ラベル交換パス (LSP) のパスの SRLG は、パス内のすべてのリンクの SRLGs セットです。LSP のセカンダリパスを計算する際には、プライマリパスとセカンダリアドレスの SRLGs が互いに分離されていない場合に備えて、セカンダリパスとプライャ path に共通のリンクがないことを確認することをお勧めします。これにより、特定のリンク上での障害が発生した場合でも、LSP にプライマリパスと2つ目の両方を導入することができなくなります。

SRLG が設定されている場合、デバイスは、制限された最短パスの First (CSPF) アルゴリズムを使用し、プライマリパスとセカンダリ経路に使用するリンクを相互に排他的に保持しようとします。プライマリパスに障害が発生した場合、CSPF アルゴリズムは、SRLG がプライマリパスと共有しているリンクを回避することで、セカンダリパスを計算します。さらに、バイパス LSP のパスを計算する場合、CSPF は、保護されたリンクと SRLG を共有するリンクを回避しようとします。

SRLG が構成されていない場合、CSPF は、セカンダリパスを計算する際のリンクのコストを考慮するだけです。

Link SRLG information の変更は、新しいリンク SRLG 情報の LSP 更新を送信するために、IGP によってトリガーされます。CSPF は次の再最適化のラウンドでパスを再計算します。

Junos OS リリース11.4 では、以下の Rfc に基づいた SRLG をサポートしています。

  • RFC 4203, OSPF Extensions in Support of Generalized Multi-Protocol Label Switching(GMPLS)

  • RFC 5307, IS-IS Extensions in Support of Generalized Multi-Protocol Label Switching(GMPLS)

注:

現在、「フェイト シェアリング」機能は引き続き SRLG 機能でサポートされています。

例:SRLG の構成

この例では、デバイス上で共有のリスクリンクグループ (SRLGs) を設定する方法を示します。

要件

この例では、以下のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • M Series、MX シリーズ、T Series ルーターの組み合わせとして使用できる7つのルーター

  • すべてのデバイスで Junos OS リリース11.4 以降を実行している場合

概要

Junos OS リリース11.4 以降では、IGP (OSPFv2 および IS-IS) ドメインの SRLG 構成をサポートしています。この例では、SRLG を構成し、デバイス上の MPLS インターフェイスに関連付けます。

デバイスは、SRLG cost パラメーターを使用して、制限された最短パスの最初 (CSPF) アルゴリズムを採用し、SRLG をプライマリパスと共有するリンクを使用しないようにして、プライマリおよびセカンダリパスに使用されているリンクを相互に排他的に保持しようとしています。

SRLG を構成するには、まず SRLG のパラメーターを[edit routing-options srlg srlg-name] 階層レベルで定義し、次に SRLG を[edit mpls interface interface-name]階層レベルで MPLS インターフェイスに関連付けます。

このsrlg srlg-nameステートメントには、以下のオプションがあります。

  • srlg-cost—1~65535 の範囲の SRLG のコストを含める。SRLG のコストは、この SRLG がパス計算のために CSPF アルゴリズムに与える影響のレベルを決定します。コストが高いほど、第1のパスと同じ SRLG を共有するためのセカンダリパスが必要になる可能性が低くなります。デフォルトでsrlg-costは、が1に設定されています。

  • srlg-value—1~4294967295 の範囲の SRLG のグループ ID を含める。

この例では以下のようになります。

  • PE1 はイングレス ルーター、PE2 はイングレス ルーターエグレス ルーター。

  • P1、P2、P3、P4、および P5 は、中継ルーターです。

    • P1 は、PE1 イングレス ルーターと PE2 エグレス ルーターの両方にプライマリ パスを直接接続しています。

    • P2 は PE1 と PE2 にセカンダリ パスを直接接続しています。

    • P3 は PE1 への直接的なセカンダリ パス接続と、P4 および P5 から PE2 への間接セカンダリ パスを持つ。

    • P4 には、PE1~P3、および PE2 から P5 への間接セカンダリ パスがあります。

    • P5 には、P4 と P3 から PE1 への間接パスと、PE2 への直接セカンダリ パスがあります。

OSPF は、すべてのルーター上で内部ゲートウェイプロトコル (IGP) として構成されています。SRLG は、7つのルーターすべてで構成されています。プライマリパスには SRLG srlg-aが含まれています。スタンバイのセカンダリ パスの場合、リンク P2>PE2 は SRLG に属しています srlg-a 。10が追加さsrlg-costれた有効なリンクメトリックは11になります。そのため、コンピューティングされたセカンダリ パスは、CSPF リンク メトリック 4 を持つ PE1>P3>P4>P5>PE2 です。

Topology

構成

CLI クイック構成

例のこのセクションを迅速に構成するには、以下のコマンドをコピーして、テキストファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク構成に一致する必要がある詳細を変更してから CLI [edit]にコマンドをコピーして貼り付けてください。階層レベル。

ルーター PE1

ルーター P1

ルーター P2

ルーター P3

ルーター P4

ルーター P5

ルーター PE2

手順

順を追った手順

次の例では、構成階層のさまざまなレベルを移動する必要があります。デバイスのナビゲーションについて、詳しくは CLI ガイド Junos OS CLI を参照してください

受信ルーター PE1 を構成するには、次のようにします。

  1. デバイスインターフェイスを構成します。

  2. インターフェイスで OSPF を構成します。

  3. SRLG 定義を構成します。

  4. MPLS と Lsp を設定します。

  5. インターフェイスで RSVP を有効にします。

結果

設定モードから、、、、 show interfacesおよびshow protocols ospfshow routing-optionsshow protocols mplsshow protocols rsvpコマンドを入力して設定を確認します。出力に意図した構成が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定commitモードから入力します。

注:

各ルーターの適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更した後、IGP ドメイン内のすべてのジュニパーネットワークスルーターに対してこの手順を繰り返します。

検証

構成が正常に機能していることを確認します。

SRLG の定義を検証する

目的

SRLG から value へのマッピングと SRLG のコストを確認します。

アクション

TE リンク SRLG の確認

目的

トラフィックエンジニアリングのリンク SRLG の関連付けを確認します。

アクション

リンク P1-PE2 と P2-PE2 は SRLG srlg-aに関連付けられています。

スタンバイセカンダリパスを確認します。

目的

SRLG のリンクコストと、スタンバイセカンダリパスリンクの CSPF 計算に対する影響を確認してください。

アクション

スタンバイセカンダリパスを確認します。P2>PE2 の有効リンク コストは 11 です(追加の srlg-cost 10)。CSPF は、CSPF のリンク メトリック 4 を持つ PE1>P3>P4>P5>PE2 としてセカンダリ パスを計算します。