Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

トラフィック統計 (プロトコル LDP)

構文

階層レベル

説明

LDP のトラフィック統計情報には、特定の FEC に対してルーターを通過するトラフィックの量が表示されます。

オプション

file filename—LDP 統計情報操作の出力を受信するファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。

files number—(オプション)LDP 統計情報 ファイルの最大数。統計ファイルの名前ldp-statが最大サイズに達すると、LDP 統計ldp-stat.0ファイルのldp-stat.1数が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、それ以降も同様です。その後、最も古いファイルが上書きされます。

  • 2 ~ 1000

  • 2 ファイル

最大ファイル数を指定する場合は、最大ファイルサイズを指定sizeするステートメントも含める必要があります。

interval seconds—(オプション) 統計情報をポーリングしてファイルに書き込む間隔を指定します。

  • 300 秒(5 分)

no-penultimate-hop—(オプション)ペナルティメート ホップ ルーターでトラフィック統計情報を収集しません。

no-world-readable—(オプション)すべてのユーザーがログ ファイルを読み取るのを防ぐ。

size size—(オプション)各統計ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) 統計ファイルの名前ldp-statがこのサイズに達すると、名前ldp-stat.0が変更されます。このldp-statサイズに再度到達するldp-stat.0と、 ldp-stat.1名前ldp-statが変更ldp-stat.0され、名前が変更されることになります。このスキームの名前は、統計ファイルの最大数に達するまで続けられます。その後、最も古い統計ファイルが上書きされます。

  • 構文xk を使用して KB を xm 指定し、MB を指定するか xg 、GB を指定します。

  • システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 1 MB

最大ファイルサイズを指定する場合は、ファイルの最大数をfiles指定するステートメントも含める必要があります。

world-readable—(オプション)すべてのユーザーについてログ ファイルへのアクセスを有効にする。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。