Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

プロトコルレベルまたはラベルスイッチパスに対して MPLS トレースオプションを構成します。

複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

Default

デフォルトの MPLS プロトコルレベルのトレースオプションは、 traceoptions[edit routing-options]階層レベルに含まれるルーティングプロトコルステートメントから継承されます。

Options

filename—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。すべてのファイルがディレクトリ/var/logに配置されます。MPLS トレース出力をファイルmpls-logに配置することをお勧めします。

files number—(オプション)最大トレース ファイル数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

  • 2 ~ 1000

  • 2ファイル

最大ファイル数を指定する場合は、最大ファイルサイズを指定sizeするステートメントも含める必要があります。

flag:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

MPLS Tracing Flags

  • all:すべての運用をトレースします。

  • autobw-state—帯域幅の自動イベント。

  • connection:すべての CCC(回線クロスコネクト)アクティビティ

  • connection-detail—CCC アクティビティの詳細

  • cspf—CSPF の計算

  • cspf-link—CSPF の計算中に訪問されるリンク

  • cspf-node—CSPF 計算中に訪問されるノード

  • error—MPLS エラー パケット

  • graceful-restart—トレース ノードMPLSグレースフル リスタート イベント

  • lsp-history—LSP 履歴イベントのトレース

  • lsping—lsping パケットとリターン コードのトレース

  • nsr-synchronization—NSR 同期イベントのトレース

  • nsr-synchronization-detail—NSR 同期イベントを詳細にトレースします。

  • state—すべての LSP 状態の移行

  • static—トレーススタティック ラベルスイッチ パス

  • ted-export—テーブルからデータベースへのエントリーの lsdist.0 トラフィック制御トレース

  • ted-import—データベース エントリートラフィック制御を検出するトレース リーク lsdist.0

  • timer—タイマーの使用状況

no-world-readable—(オプション)特定のユーザーだけがログ ファイルを読み取る必要があります。

size size—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこのサイズにtrace-file.0なったら、名前を変更trace-file.1trace-file 、名前trace-file.0を変更します。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

  • 構文xk を使用して KB を xm 指定し、MB を指定するか xg 、GB を指定します。

  • システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 1 MB

最大ファイルサイズを指定する場合は、ファイルの最大数filesを指定するステートメントも含める必要があります。

world-readable—(オプション) 任意のユーザーにログ ファイルの読み取りを許可します。

Required Privilege Level

routing and trace — このステートメントを設定に表示します。

routing-Control と trace-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

Junos OS QFX シリーズのリリース 12.3 X50 で導入された文です。

ted-exportJunos OS リリース14.2 で導入されたオプションです。

ted-importJunos OS リリース14.2 で導入されたオプションです。

lsp-historyJunos OS リリース15.1 で追加されたオプションです。