Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceoptions (Protocols LDP)

Syntax

Hierarchy Level

Description

LDP プロトコルレベルのトレースオプションを指定します。

Default

デフォルトの LDP プロトコルレベルのトレースオプションは、 traceoptions[edit routing-options]階層レベルに含まれるルーティングプロトコルステートメントから継承されます。

Options

disable—(オプション)トレース操作を無効にします。このオプションを使用すると、さまざまなトレース操作 (など) を定義したときに、1つallの操作を無効にすることができます。

file filename—トレース操作の出力を受け取るファイルの名前。名前は二重引用符で囲みます。すべてのファイルがディレクトリldp-logに配置されます。LDP トレース出力をファイルldp-logに保存することをお勧めします。

files number—(オプション)最大トレース ファイル数。トレースファイルの名前trace-fileが最大サイズに達すると、トレースファイルtrace-file.0の数trace-file.1が上限に達するまで、名前が変更されてから、その後、その後になります。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

  • 2 ~ 1000

  • 2ファイル

最大ファイル数を指定する場合は、最大ファイルサイズを指定sizeするステートメントも含める必要があります。

flag flag:動作を追跡して実行します。複数flagのトレース操作を指定するには、いくつかのステートメントを含めます。

  • address—アドレスとアドレスの出金メッセージの運用

  • binding:ラベル バインディング操作

  • error—エラーの状態

  • event—プロトコル イベント

  • initialization—初期化メッセージの運用

  • label—ラベル要求、ラベル マップ、ラベル取り出し、ラベル リリース メッセージの運用

  • notification—通知メッセージの運用

  • nsr-synchronization— ノンストップアクティブルーティング同期イベント

  • p2mp-nsr-synchronization—ポイント対マルチポイントのノンストップ アクティブ ルーティング同期イベント

  • packets— 設定 、 、 、 および フラグに相当 addressinitializationlabelnotificationperiodic します(フラグ の大フラグも filter 参照してください)

  • path:ラベルスイッチ パス操作

  • periodic—hello およびキープアリスト メッセージの運用

  • route—ルート メッセージの運用

  • state:プロトコルの状態の移行

flag-modifier—(オプション) トレース フラグに対する変更以下の修飾子を1つ以上指定できます。

  • detail—詳細なトレース情報を提供します。

  • disable—このトレース フラグを無効にします。

  • filter—フィルタしてこのフラグに適用します。filter Flag 修飾子は、、、およびrouteフラグのみpathbinding適用できます。このフラグ修飾子には、以下のオプションがあります。

    • match-on—引数が指定された場合に一致します。このmatch-onオプションには、次の suboptions が含まれています。

      • address—パケットの送信元と宛先のアドレスに基づいてフィルターします。フラグオプションとpacketsしてのみ使用できます。

      • fec—トレースされたオブジェクトに関連付けられている FEC に基づいたフィルタ。

    • policy policy-name—フィルター ポリシーを指定します。

  • receive—受信したパケット。

  • send—送信されるパケット。

no-world-readable—(オプション)すべてのユーザーがログ ファイルを読み取るのを防ぐ。

size size—(オプション)各トレース ファイルの最大サイズ(KB)、メガバイト(MB)、ギガバイト(GB) トレースファイルの名前trace-fileがこのサイズに達すると、名前trace-file.0が変更されます。trace-fileこのサイズにtrace-file.0なったら、名前を変更trace-file.1trace-file 、名前trace-file.0を変更します。このスキームの名前は、トレースファイルが最大数に達するまで続けられます。その後、最も古いトレースファイルが上書きされます。

  • 構文xk を使用して KB を xm 指定し、MB を指定するか xg 、GB を指定します。

  • システムでサポートされる最大ファイル サイズまで 10 KB

  • 1 MB

最大ファイルサイズを指定する場合は、ファイルの最大数filesを指定するステートメントも含める必要があります。

world-readable—(オプション)任意のユーザーがログ ファイルを読み取るを有効にする。

Required Privilege Level

routing and trace — このステートメントを設定に表示します。

routing-Control と trace-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

match-on address リリース filter 10.4 で追加されたフラグJunos OS オプションです。

nsr-synchronization ステートメント p2mp-nsr-synchronization の動作 flag Junos OSリリース13.3で説明しています。