Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

priority (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

LSP のセットアップの優先度と予約の優先度を設定します。セッションの確立中に十分なリンク帯域幅を利用できない場合は、リンク上で確立されたセッションの他のセットアップの優先度と比較して、その他の設定が新しいセッションに適応するようにプリエンプトする必要があるかどうかを判断します。保留の優先度の低いセッションは横取りされます。

Options

reservation-priority:予約の設定後の予約の保持に使用される予約優先度。数値が小さいほど、優先度が高くなります。優先度は、プリエンプションループを回避するために setup の優先度以上にする必要があります。

  • 0が最上位で、7が最下位の優先度です。

  • 0 (セッションが設定されたら、他のセッションでプリエンプトすることはできません)。

setup-priority—セットアップの優先度。

  • 0が最上位で、7が最下位の優先度です。

  • 7 (セッションは既存のセッションをプリエンプトできない)

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。