Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

pce

構文

階層レベル

説明

パス単位の計算要素 (PCE) パラメーターを構成します。

オプション

pce id

PCE の IP アドレス。

認証キー キー

ナ認証パスワード。最大126文字を使用できます。文字には、任意の ASCII 文字列を含めることができます。スペースを含める場合は、すべての文字を引用符(" ")で囲みます。

認証キーチェーンをバインドするのではなく、PCEP セッションをセキュリティー保護するために、認証鍵を定義してバインドすることをお勧めします。

認証鍵チェーン 鍵チェーン

ナ認証キーチェーンパスワード。最大126文字を使用できます。文字には、任意の ASCII 文字列を含めることができます。スペースを含める場合は、すべての文字を引用符(" ")で囲みます。

ローカル アドレス IP アドレス

ナPCEP セッションのローカルエンドの IP アドレス、PCC。

lsp-再委任

ナLSP 委任プロセスの再試行を有効にします。

lsp-再送信委任-タイマー

ナ委任が失敗した場合や再委任が行われた場合に path Computation 要素 (PCE) が開始した Lsp の委任を再試行するまでに、パス計算クライアント (PCC) が待機する時間 (秒) を指定します。

  • 3600秒

  • 0 ~ 4294967294 秒

最大 sid 深さ

ナサービス識別子 (SID) の深さの最大値を指定します。

  • 5

  • 1 ~ 5

p2mp-lsp-init-capability

ナPCE によるポイントツーマルチポイント RSVP TE Lsp のプロビジョニング機能。デフォルトでは、この機能は PCC ではサポートされていないため、PCE-initated の point-to-point Lsp を有効にするように明示的に設定する必要があります。

p2mp-lsp-report-capability

ナポイントツーマルチポイント RSVP TE Lsp から PCE にレポートする機能。デフォルトでは、この機能は PCC ではサポートされていないため、ポイントツーマルチポイント Lsp から PCE へのレポートを有効にするように明示的に設定する必要があります。

p2mp-lsp-update-capability

ナポイントツーマルチポイント RSVP TE LSP のパラメーターを PCE によって更新する機能。デフォルトでは、この機能は PCC ではサポートされていないため、PCE の initated のポイントツー multipoint Lsp の更新を有効にするように明示的に設定する必要があります。

pce_traffic_steering

ナPCE で開始されるポイントツーマルチポイント Lsp から MVPN ルーティングインスタンスへのマッピングを有効にするには、フロー仕様の機能 (トラフィックステアリング機能とも呼ばれます) を設定します。

spring 機能

ナPCE の SPRING ベースのプロビジョニングを可能にします。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース12.3 で導入されました。

Junos OS リリース14.2 で追加された PTX シリーズのサポート。

Junos OS のリリース 16.1 R3 で追加された QFX シリーズスイッチをサポートします。

Junos OS のリリース 17.1 R1 で追加された ACX シリーズのサポート。

lsp-cleanup-timerJunos OS リリース 13.3 request-timerで導入request-priorityされた、、、、およびオプションです。 lsp-provisioningmax-unknown-requests

authentication-key keyauthentication-key-chain key-chain、Junos OS p2mp-lsp-report-capabilityリリース16.1 で導入された、、およびオプションです。

max-sid-depthJunos OS spring-capabilityリリース17.2 で導入されたオプションもあります。

p2mp-lsp-init-capabilityp2mp-lsp-update-capability Junos OS リリース 18.3 r1 に導入されているオプションもすべてのプラットフォームで発生します。

pce_traffic_steeringJunos OS リリース 19.4 R1 では、すべてのプラットフォームで導入されたオプションです。