Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

path (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

名前付きパスを作成し、オプションで、パスを形成する明示的なルーターの順序を指定します。

明示的な Lsp を設定する場合は、このステートメントを含める必要があります。

Options

abstract-hop-name—事前定義された抽象的なホップの名前。抽象的なホップは、実 IP 次ホップと組み合わせて使用できます。抽象的なホップは、メンバーノードを走査して走査されます。この走査は、定義された構成要素属性の論理的な組み合わせを満たすリンクか、任意の種類のリンクによって実行できます。この選択は、抽象化、緩い、ルーズなリンク、厳格な抽象化という抽象的なホップの使用によって制御されます。

abstract— ステートメントで設定されているネクスト ホップ path が抽象的なホップかどうかを示します。

loose-link—ステートメント内のネクスト ホップ path がルーズリンク抽象的なホップかどうかを示します。これは、LSP がこのルーターに到達する前に他のルーターを走査できないことを意味します。言い換えると、関連する抽象ホップメンバーシップのリンクを介して制約内で有効なルーターに到達した場合にのみ、タイプが緩いリンクの抽象ホップが処理されます。

loose— ステートメント内のネクスト ホップ path がルーズ 抽象的なホップかどうかを示します。このパスは、抽象的なホップメンバーシップを持つ実際のノードを通過する前に、次の抽象ホップを処理するための実現開始点となる抽象化ホップメンバーシップでノードに到達する前に、走査できます。

strict— ステートメント内のネクスト ホップが path 厳格な抽象的なホップかどうかを示します。制約リストの最後に処理されたホップの後に、抽象的なホップメンバーシップを持つノードに到達する前に、そのパスが、次の抽象ホップを処理するための開始点となる、抽象ホップメンバーシップを持つ実際のノードを走査できます。

address:LSP 内の各トランジット ルーターの IP アドレス。各伝送ルーターのアドレスまたはホスト名を指定する必要がありますが、そのタイプがloose該当する場合でも、各ルーターをリストする必要はありません。オプションとして、受信および送信ルーターをパスに含めることができます。受信ルーター (オプション) または1つ目の通過ルーターから順にアドレスを指定し、送信ルーター (オプション) またはルーターが出力ルーターの直前に到達するまで、パス上で連続的に継続します。

  • ルーターが明示的に指定されていない場合、LSP にはルーティングの制限は適用されません。

hostname—「 」 を参照 address してください。

  • ルーターが明示的に指定されていない場合、LSP にはルーティングの制限は適用されません。

loose—(オプション)ステートメントの次のアドレス path がルーズ リンクを示します。これは、LSP がこのルーターに到達する前に他のルーターを通過できることを意味します。

  • strict

path-name—LSP を形成するノードのシーケンスを識別する名前。名前には最大32文字を使用でき、文字、数字、ピリオド、ハイフンを含めることができます。他の文字を含めたり、長い名前を使用したりするには、名前を引用符で囲みます。この名前は受信ルーター内で一意である必要があります。

strict—(オプション)他のノードをトラバースせずに、ステートメントで指定された次のアドレスに LSP path を移動する必要があります。これがデフォルトです。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。

abstract-hop-nameすべてのプラットフォームで Junos OS リリース17.1 で導入されたオプション。