Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

optimize-timer (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

既に設定されている LSP を定期的に再最適化できるようにします。トポロジーの変更が発生した場合、既存のパスが最適でなくなる可能性があり、その後、recomputation が適切なパスを決定できるようになる可能性があります。この機能は、制約されたパス計算が有効になっている Lsp でのみ役立ちます。つまり、 no-cspf文が設定されていません。また、影響を受ける Lsp の受信として機能するルーター上でのみ、このステートメントを設定する必要があります (中継ルーターまたはアウトルータでは、このステートメントを構成する必要はありません)。

パスの頻繁な再計算によって大量のリソース消費が発生するのを回避するため、または絶えず変化する Lsp の結果としてネットワークの destabilizing を回避するために、タイマー値を十分に長くするか、または無効にすることをお勧めします。タイマーの値です。

Default

最適化タイマーが無効になっています。

Options

seconds—最適化タイマーの長さ(秒)

  • 0~65,535秒

  • 0 秒(最適化タイマーは無効になります)

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。