Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mpls-tp-mode

Syntax

Hierarchy Level

Description

GAL または G を有効にするには、ラベル交換パス (LSP) で IP カプセル化なしで行う必要があります。

このステートメントを[edit protocols mpls oam]階層レベルに含めると、MPLS ネットワーク内のすべての LSP で IP カプセル化せずに GAL または G シリーズ oam 操作が可能になります。特定の LSP に IP [edit protocols mpls label-switched-path lsp-name oam]カプセル化せずに GAL と G を有効にするには、このステートメントを階層レベルに含めます。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース12.1 で導入されました。

lsping-channel-type文は Junos OS リリース16.1 で導入されました。