Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

mofrr-プライマリパスの選択-ルーティング (マルチキャストのみの高速再ルーティング)

構文

階層レベル

説明

MoFRR は、同一コストのマルチパス (ECMP) パスと ECMP 以外のパスの両方でサポートされています。非 ECMP パスで MoFRR をサポートするには、ユニキャストループフリー代替 (LFA) ルートを有効にする必要があります。LFA ルートは、内部ゲートウェイプロトコル (IGP) 構成のリンク保護ステートメントで有効になっています。OSPF または IS-IS インターフェイスでリンク保護を有効にすると、Junos OS は、保護されたインターフェイスを通過するすべての宛先ルートのプライマリ next-hop へのバックアップ LFA パスを作成します。

ロードバランシングという観点から、MoFRR は、利用可能なパスの負荷分散を優先して、分離されていないバックアップの優先順位を採用しています。

15.1 R7 以前の Junos OS リリースでは、ECMP と非 ECMP のどちらのシナリオでも、デフォルトの MoFRR 動作は固定されており、アクティブなリンクがダウンしている場合、アクティブなパスの選択によって移行のバックアップパスが設定されるようになります。アクティブパスはユニキャスト選択したゲートウェイに従っていません

Junos OS リリース 15.1 R7 から開始します。ただし、非 EMCP シナリオのデフォルトの動作は、固定されていないことになります。つまり、アクティブパスの選択は、選択したゲートウェイのユニキャストに厳密に従います。MoFRR は、そのアクティブパスになるユニキャスト LFA パスを選択しなくなりました。ユニキャスト LFA パスのみを選択して、MoFRR バックアップにすることができます。

デフォルトでは、PIM ドメインで MoFRR が設定されているときに、バックアップパスがプライマリパスになるように昇格します。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース14.1 で導入されました。