Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

インターフェイススイッチ

構文

階層レベル

説明

クロスレイヤー 2 スイッチングを設定します。クロスコネクトは双方向であるため、最初のインターフェイスで受信したパケットは2番目のインターフェイスから送信され、2つ目のインターフェイスで受信されたものは1つ目のインターフェースから出てきます。

クロスレイヤー 2 スイッチング接続を機能するには、クロス接続を設定MPLS。

オプション

connection-name—接続名(最大 128 文字が 12.3 Junosの場合)。

interface interface-name.unit-number—インターフェイス名。論理ユニット番号に対応する名前の論理部分が含まれます。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加するには

リリース情報

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。