Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

instance-type

Syntax

Hierarchy Level

Description

ルーティング インスタンスのタイプを定義します。

Options

注:

ACX シリーズ ルーターでは、転送、仮想ルーター、VRF ルーティング インスタンスのみを設定できます。

type—次のいずれかになります。

  • evpn—ルーティング インスタンスで EVPN(イーサネット VPN)を有効にします。

  • evpn-vpws—ルーティング インスタンスで EVPN(イーサネット VPN)仮想プライベート ワイヤ サービス(VPWS)を有効にします。

  • forwarding—インターフェイスがインスタンスに関連付けられていないフィルターベースの転送をサポートします。すべてのインターフェイスがデフォルト インスタンスに属します。その他のインスタンスは、RPD 学習ルートの設定に使用されます。このインスタンス タイプでは、インターフェイスとルーティング インスタンスの間に 1 対 1 のマッピングはありません。すべてのインターフェイスはデフォルトインスタンス inet.0 に属します。

  • l2backhaul-vpn—対応する既存の論理インターフェイスを持たないレイヤー 2 ホールセール VLAN パケットをサポートします。このインスタンスを使用する場合、ルーターは、ステートメントがとして定義されている場合、またはステートメントがとして定義accessnniされている場合instance-roleにのみ、受信パケットの外部タグと内部タグの両方をinstance-role学習します。

  • l2vpn—ルーティング インスタンスでレイヤー 2 VPN を有効にします。このタイプのルーティング インスタンスには interface、 、 route-distinguishervrf-import、 、および vrf-export ステートメントを設定する必要があります。

  • layer2-control—(MX シリーズ ルーターのみ)VPLS ルーティング インスタンスのカスタマー エッジ インターフェイスで RSTP または MSTP をサポートします。このインスタンス タイプは、カスタマー エッジ インターフェイスが 2 つのプロバイダ エッジ インターフェイスにマルチホームされている場合は使用できません。カスタマー エッジ インターフェイスが 2 つのプロバイダ エッジ インターフェイスにマルチホームされている場合は、デフォルトの BPDU トンネリングを使用します。

  • mac-vrf—このタイプの複数の顧客固有 EVPN インスタンス(EVPN インスタンス)の設定を有効にして、それぞれが異なる EVPN サービス タイプをサポートできます。EVPN-VXLAN ネットワークの VTEP(仮想トンネル エンドポイント)として機能する各ジュニパーネットワークス デバイスの MAC アドレスを持つ VRF(仮想ルーティングおよび転送)テーブルを顧客固有に設定できます。このタイプのルーティング インスタンスは、EVPN ユニキャスト ルート専用です。

  • mpls-forwarding—(MXシリーズ ルーターのみ)受信したルートと、選択したBGPセッションに送信されたルートの両方で、IPv4およびIPv6 VPNアドレスファミリーのルート識別(RD)値のフィルタリングと変換を許可します。特に、AS間VPNオプションBネットワークの場合、このオプションは、1つのピアAS境界ルーターから別のピアAS境界ルーターへのVPNラベルの悪意のある挿入を防ぐことができます。

  • mpls-internet-multicast—(EX シリーズ、M シリーズ、MX シリーズ、T シリーズ ルーターのみ)MBGP または次世代 MVPN を使用して、MPLS クラウドを介してルーター間で IP マルチキャスト データを伝送するイングレス レプリケーション プロバイダ トンネルのサポートを提供します。

  • no-forwarding—これはデフォルトのルーティング インスタンスです。対応する転送インスタンスを作成しないでください。ルーティング テーブル情報の分離が必要な場合は、このルーティング インスタンス タイプを使用します。対応する転送テーブルはありません。すべてのルートがデフォルトの転送テーブルにインストールされます。IS-IS インスタンスは厳密に非転送インスタンス タイプです。

  • virtual-router—仮想ルーター ルーティング インスタンスを有効にします。このインスタンス タイプは、VPN ルーティングおよび転送インスタンス タイプと似ていますが、非 VPN 関連のアプリケーションに使用されます。このタイプのルーティング インスタンスに interface 対してステートメントを設定する必要があります。、および vrf-export ステートメントをroute-distinguishervrf-import設定する必要はありません。

  • virtual-switch—(MX シリーズ ルーター、EX9200 スイッチ、QFX スイッチのみ)レイヤー 2 ブリッジングのサポートを提供します。このルーティング インスタンス タイプを使用して、STP(スパニング ツリー プロトコル)インスタンスで LAN セグメントを分離し、VLAN 識別子スペースを分離します。

  • vpls—ルーティング インスタンスで VPLS を有効にします。このルーティング インスタンス タイプは、VPN 内の一連のサイト間のポイントツーマルチポイント LAN 実装に使用します。このタイプのルーティング インスタンスには interface、 、 route-distinguishervrf-import、 、および vrf-export ステートメントを設定する必要があります。

  • vrf—VPN ルーティングおよび転送(VRF)インスタンス。各インスタンスのインターフェイス ルートが対応する転送テーブルにのみ移動するレイヤー 3 VPN のサポートを提供します。レイヤー 3 VPN の作成に必要。特定のレイヤー 3 VPN からのルートと宛先のルートを含む VRF テーブル(instance-name.inet.0)を作成します。このインスタンス タイプでは、インターフェイスとルーティング インスタンスの間に 1 対 1 のマッピングがあります。各 VRF インスタンスは転送テーブルに対応します。インターフェイス上のルートは、対応する転送テーブルに移動します。このタイプのルーティング インスタンスには interface、 、 route-distinguishervrf-import、 、および vrf-export ステートメントを設定する必要があります。

Required Privilege Level

routing —このステートメントを設定で表示します。

routing-control — このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 7.4 より前に導入されたステートメント。

virtual-switch および layer2-control Junos OSリリース8.4で導入されたオプションです。

mpls-internet-multicast EXシリーズ、Mシリーズ、MXシリーズ、TシリーズのJunos OSリリース11.1で導入されたオプション。

evpn MX 3Dシリーズルーター向けJunos OSリリース13.2で導入されたオプションです。

evpn QFXシリーズのJunos OSリリース17.3で導入されたオプションです。

forwarding PTXシリーズのJunos OSリリース14.2で導入されたオプションです。

mpls-forwarding MXシリーズのJunos OSリリース16.1で導入されたオプションです。

evpn-vpws MXシリーズルーター向けJunos OSリリース17.1で導入されたオプションです。

mac-vrf MXシリーズおよびvMXルーター向けJunos OSリリース20.4で導入されたオプション。QFX5100、QFX5110、QFX5120、QFX5200、QFX10002(QFX10002-60Cを含む)、QFX10008、QFX10016、EX9200シリーズのスイッチ。また、QFX5130-32CD スイッチのJunos OS Evolvedリリース21.2R1でも導入されています。

Junos OS リリース 17.4R1 に追加された MX シリーズ ルーター上の論理システムのサポート。

evpn-vpws cRPDリリース20.3R1で導入されたオプションです。