Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

from (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

LSP に使用する送信元アドレスを指定します。

指定したアドレスは、LSP が使用するアウトゴーイングインターフェイスに影響を与えません。

Default

この文が含まれていない場合、ソフトウェアは自動的にループバックインターフェイスをアドレスとして選択します。

Options

address—IP アドレス。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.4 Junos OS前に導入されたステートメント。