Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

拡張-疎ホップ

構文

階層レベル

説明

LSP でサービス プロバイダのネットワーク内OSPFを通過できます。

マルチポイント LSP を使用して、ネットワーク内の複数のドメインにまたがることができます。これにより、個別のネットワークドメイン内で1つ以上のサブ Lsp (支社) を設定できます。このようなドメインの例としては、OSPF エリアや自律システム (「含む)」などがあります。ドメイン間ポイントツーマルチポイント LSP のサブ LSP は、入口ノード (ソース) に対する送信ノード (リーフ) の位置に応じて、領域内、領域間、または異なるサイトにすることができます。ドメイン間のポイントツーマルチポイント Lsp では、OSPF エリアのみがサポートされています。IS-IS レベルはサポートされていません。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 7.6 Junos OSで発表されたステートメント。

Junos OS リリース11.2 で導入されたポイントツーマルチポイント LSP サポート。