Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

exp

Syntax

Hierarchy Level

Description

MPLS パケットに適用される EXP(実験ビット)コード ポイント マッピングを定義します。分類子は exp 、EX3200 スイッチ、EX4200、EX8200 スタンドアロン スイッチ、EX8200 バーチャル シャーシでのみ定義できます。EX8200 スタンドアロン スイッチと EX8200 バーチャル シャーシで書き換えルールをバインド exp できます。

EX シリーズ スイッチは、スイッチ上で 1 つの EXP コード マッピングのみをサポートします(デフォルトまたはカスタム)。スイッチ上のすべての MPLS 対応インターフェイスにグローバルかつ暗黙的に適用されます。個別のインターフェイスでバインドしたり、無効にしたりすることはできません。

Options

分類子名 — 分類子の名前。

残りのステートメントについては、個別に説明します。CLI エクスプローラーを参照してください。

Required Privilege Level

interface—このステートメントを設定で表示します。

interface-control —このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 10.1 で導入されたステートメント。