Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

egress-chaining

構文

階層レベル

説明

イングレスで最大2つのラベルプッシュをサポートするデバイスで、エグレスチェイニングを有効にします。エグレスチェイニングを設定して、エグレスで合成ネクストホップを使用して2つ以上のラベルプッシュを実装し、そのラベルスタックの場所についてイングレスからエグレスにポインタを渡すことができます。このネクスト ホップ チェーンを指すルートは、IPv4、IPV6、または MPLS ラベル(バインディング セグメント ID)です。

注:
  • エグレスでのラベルプッシュでは、エグレスでプログラムされた他のラベルよりも先にプッシュされていることを確認する必要があります。

  • エグレスチェイニングは、1つのチェーンに対してのみ可能です。エグレスチェイニング後の複合ネクストホップは、転送ネクストホップに平坦化されます。

  • Junos OS リリース 20.4R1 は、単一のエグレス チェーンのみをサポートします。

オプション

spring-te

セグメント ルーティング トラフィックエンジニアリング(SPRING-TE)ルートのエグレス チェイニングを有効にします。

spring-te設定すると、SPRING-TEルートのネクストホップにエグレスチェーンフラグを設定します。これにより、エグレスパケット転送エンジン(PFE)への合成ネクストホップのインストールが可能になります。

注:

オプションが有効になっている場合、別の合成ネクストホップ上で SPRING-TE ルートを spring-te 解決しないことを確認します。

必要な権限レベル

ルーティング

リリース情報

Junos OS リリース 20.4R1 で導入されたステートメント。