Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

egress-chaining

Syntax

Hierarchy Level

Description

イングレスで最大 2 つのラベル プッシュをサポートするデバイスのエグレス チェインを有効にします。エグレス チェインを設定して、エグレスでのコンポジット ネクスト ホップを使用して 2 つ以上のラベル プッシュを実装し、そのラベル スタックの場所についてイングレスからエグレスにポインターを渡します。このネクスト ホップ チェーンへのルート ポイントには、IPv4、IPV6、MPLSラベルを使用できます(セグメント ID をバインド)。

注:
  • エグレスでのラベル プッシュは、エグレスでプログラムされた他のラベルの前にプッシュされる必要があります。

  • エグレス チェインは 1 つのチェーンでのみ可能です。エグレス チェイン後の複合ネクスト ホップが、転送ネクスト ホップに平坦化されます。

  • Junos OS リリース 20.4R1単一のエグレス チェーンのみをサポートします。

Options

スプリング・ te

セグメント ルーティング トラフィックエンジニアリング(SPRING-TE)ルートのエグレス チェインを有効にする。

設定時に、SPRING-TEのネクスト ホップで spring-te エグレス チェーン フラグを設定します。これにより、エグレス ゲートウェイ(PFE)に複合ネクスト ホップパケット転送エンジンインストールできます。

注:

オプションが有効になっている場合、SPRING-TE複合ネクスト ホップ上でさらに解決 spring-te しないことを確認します。

Required Privilege Level

ルーティング

Release Information

リリース前のリリースでJunos OSしたステートメント20.4R1。