Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

dynamic (Source Packet Routing)

Syntax

Hierarchy Level

Description

トンネル宛先および翻訳サービスに基づいてセグメントルーティングラベル交換パス (Lsp) の動的計算を有効にし、対応するセグメント識別子 (Sid) を取得します。

注:

動的な文が有効になっている場合、次のすべてのホップには、最小構成として IP アドレスが割り当てられている必要があります。セグメントリストの場合、ネクストホップに IP アドレスとラベルの両方が設定されていると、構成されたラベルが保持されます。

注:
  • Translation service は IGP トラフィックエンジニアリングのデータベース (TED) のインスタンスを使用するため、翻訳igp-topologyを成功さ[edit protocols isis traffic-engineering]せるには階層レベルのステートメントを含める必要があります。

  • auto-translation And dynamicステートメントは相互に排他的であり、セグメントリストで構成できるのはどちらかだけです。

Options

ナLSP のリンクに、保護された隣接する SID が使用されていることを確認します。

対象

ナLSP のリンクに、保護されていないナチュラル SID を使用するようにします。

強制

ナリンクに指定されたタイプの隣接していない SID が見つからない場合、変換ができないようにします。このオプションはノードの Sid には影響しません。

Required Privilege Level

ルーティング

Release Information

文は Junos OS リリース19.2 で導入されました。