Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

bfd-liveness-detection (Protocols MPLS)

Syntax

Hierarchy Level

Description

すべての MPLS Lsp または特定の LSP に対して、双方向のフォワーディング検知 (BFD) を有効にします。

Options

minimum-interval—最小送受信間隔。

  • 50~255,000 ミリ秒

  • 50

minimum-receive-interval—最小受信間隔。

  • 50~255,000 ミリ秒

  • 50

minimum-transmit-interval—最小送信間隔。

  • 50~255,000 ミリ秒

  • 50

multiplier:検知時間を増やします。

  • 1 ~ 255

  • 3

このfailure-actionステートメントは別に説明されています。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

リリース 7.6 Junos OSで発表されたステートメント。

failure-action オプションは、Junos OS 8.5 で追加されました。