Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

常時マーク接続による保護-tlv

構文

階層レベル

説明

(MX シリーズルーターのみ)バイパス LSP を使用して、LSP をネットワークノードから切り替えることができます。この機能を使用すると、ネットワークデバイスの交換が必要になったときに、対応するトラフィックを中断せずに、アクティブなネットワークを保守することができます。Lsp は、静的または動的のどちらでもかまいません。

この文は、OAM 機能に基づいてトラフィックを代替パスに切り替えられるように準備するために、このインターフェイスはの OAM トラフィックすべてにマークを付けています。トラフィックをバイパス LSP に切り替えるには、そのswitch-away-lspsステートメントを構成する必要があります。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

文は Junos OS リリース10.2 で導入されました。