Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

admin-groups-extended-range

Syntax

Hierarchy Level

Description

32ビット値によって表される拡張管理グループを構成して、ネットワークでサポートされている管理グループの数を32を越えて拡張できます。トラフィックエンジニアリングでは、リンクを管理グループのセット (カラーまたはリソースクラスとも呼ばれる) を使用して設定することが MPLS ます。管理グループは、各リンクに割り当てられた32ビット値として、IGPs (OSPFv2 および IS-IS) で実行されます。デフォルトでは、ジュニパーネットワークスルーターはこの32ビット値をビットマスクとして解釈し、各ビットがグループを表します。このため、各ネットワークは通常、合計32の管理グループ (値範囲 0 ~ 31) に制限されています。

拡張された管理グループの構成では、対応する拡張管理グループ名を持つ一連のインターフェイスを受け付けることができます。この名前を一連の32ビット値に変換し、その情報を IGP に反映します。拡張された管理グループの値はグローバルであり、ネットワークに参加するすべてのサポートされているルーター上で同じように設定する必要があります。他のルーターから IGP フラッディングによって学習したドメイン全体の拡張管理グループデータベースは、CSPF によってパスの計算に使用されます。

Options

最大 最大数

設定可能な値の範囲は、32と4294967295の間です。最大範囲は、最小値よりも大きくなければなりません。

最小

設定可能な値の範囲は、32と4294967295の間です。最大範囲は、最小値よりも大きくなければなりません。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

文は Junos OS リリース11.1 で導入されました。