Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

抽象的なホップ

構文

階層レベル

説明

ルータークラスターまたはグループは、ラベル交換パス (LSP) を設定するための抽象ホップのシーケンスとして、リアルタイムホップ制約 (strict またはルース) と同様の順序で定義します。

抽象的なホップとは、管理グループ、拡張管理グループ、共有のリスクリンクグループ (SRLGs) などの既存のトラフィックエンジニアリングの制約と、実際のホップの順序プロパティを論理的に組み合わせたものです。その結果、一連の抽象的なホップがパス制約で使用されると、リンクまたはノード属性の論理的な組み合わせを構成要素属性として満たすルーターのグループ間で順序が確立されます。パスでは、実質的なホップと抽象という組み合わせを制約として使用できます。

オプション

抽象ホップ名

管理グループ、拡張管理グループ、SRLGs などの既存のトラフィックエンジニアリング制約の論理的な組み合わせであり、実際のホップの順序プロパティとともに、抽象的なホップの名前。

構成リスト 構成リスト名

抽象的なホップの定義に含まれる定義済みの構成要素リストの名前です。内在リストを使用すると、ユーザー定義名で識別される一連の属性を定義できます。

インクルード-リスト

構成要素リストに指定されているいずれかの属性を満たします。

すべてを含む-リスト

構成要素リストに指定されているすべての属性を満たします。

除外-すべて-リスト

構成要素リストに指定されている属性をすべて満たします。

除外-任意-リスト

構成要素リストに指定されている属性のいずれかを満たすことができません。

operators

抽象的なホップの定義に複数の構成要素リストが含まれている場合に、構成要素リスト間の操作を指定します。

そして

抽象的なホップのメンバーとして、添付ノードの抽象的なホップの定義で参照されるすべての構成要素リストを満たします。

および

Satisy は、抽象的なホップのメンバーになるように、添付ノードの抽象的なホップの定義で参照されている1つ以上の構成要素リストを使用しています。

必須の権限レベル

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

リリース 17.1 Junos OSで発表されたステートメント。