Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

traceroute mpls セグメント-ルーティング、

構文

説明

ISISプロトコルによって追加されたセグメントルーティングラベルスイッチパスのリモートホストへのトレース ルート。デバッグtraceroute mpls segment-routing isispツールとして使用して、ネットワークで MPLS ラベルスイッチパス転送の問題を特定します。(現時点では IPv4 パケットのみでサポートされています)。

オプション

fec

転送の同等クラス (FEC) の IP アドレスとオプションのプレフィックスを指定します。

宛先 IP アドレス

ナプローブの送信時に使用する宛先アドレスを指定します。

  • 指定宛先 IP アドレスは、運用、管理、およびメンテナンス (OAM) パケット用の 127.0.0.0/8 IP アドレス空間内になければなりません。

詳述

ナ詳細な出力を表示します。

経験

ナプローブの送信時に使用するサービスクラスを指定します。

  • 0 ~ 7

  • 7

ファンアウト ファンアウト番号

ナノード当たりで検索する nexthops の最大数を指定します。

  • 1 ~ 16

  • 16

論理システム

ナTraceroute 試行の論理システムの名前を指定します。

解決策はありません

ナIP アドレスに対応するホスト名を解決しないように指定します。

パス の最大パス数

ナ検索するパスの最大数を指定します。

  • 1 ~ 255

  • 16

再試行 回数

ナプローブ値を再送信する回数を指定します。

  • 1 ~ 9

  • 3

routing-instance routing-instance-name

ナTraceroute 試行のルーティングインスタンスの名前を指定します。

送信元送信元アドレス

ナ送信 traceroute パケットの送信元アドレスを指定します。

ttl

ナTraceroute のリクエストに含める最大 time-to-live 値を秒単位で指定します。

  • 1 ~ 125

  • 64

待機

ナプローブが再送信されるまで待機する秒数を指定します。

  • 5 ~ 15

  • 10

必須の権限レベル

ネットワーク

出力フィールド

表 1は、 traceroute mpls segment-routing isis fecコマンドとtraceroute mpls segment-routing isis fec detailコマンドの出力フィールドについて説明しています。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: traceroute mpls ldp の出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

プローブオプション

traceroute mpls ldp fecコマンドで指定されたプローブオプション。

すべてのレベル

消滅

ラベル付きパケットの有効期限までの価値

指定なし

ラベル

ラベル交換パスに沿ってパケットを転送するために使用される送信ラベルです。

指定なし

プロトコル

使用されるシグナリングプロトコル。このコマンドでは、LDP が使用されています。

指定なし

住所

次ホップのアドレス。

指定なし

前ホップ

前ホップのアドレスです。最初のホップの前ホップアドレスはnullです。

指定なし

プローブのステータス

最初のホップから最終ホップラベルスイッチングルーター (ラベル交換パス内の出口ポイント) にステータスを転送します。

指定なし

ネクストホップ

最初のホップから最後のホップまでのラベル交換パス内のホップのアドレス。Depth はホップのレベルを示します。

detail

親行

前ホップのアドレスです。最初のホップの親の値nullはです。

detail

リターンコード

受信者がエコー要求を処理した結果を報告するためのコードを返します。

detail

応答時間

エコー要求が受信者に到達するまでの時間です。

detail

マルチパスタイプ

指定されたマルチパスタイプによって使用されるラベルまたはアドレス。マルチパスが使用されていない場合noneは、値はです。

detail

ラベルスタック

パケットを転送するために使用されるラベルスタック。

detail

サンプル出力

traceroute mpls セグメント-ルーティング、

リリース情報

Junos OS リリース 19.1 R1 で導入されたコマンド