Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ted database を表示

構文

構文 (EX シリーズスイッチ)

説明

MPLS (MPLS) トラフィックエンジニアリングデータベースのエントリを表示します。

オプション

なし

トラフィックエンジニアリングデータベースのすべてのエントリに関する標準情報を表示します。

brief |詳細 |大きな

ナ指定された出力レベルを表示します。

インスタンス インスタンス名

ナ指定されたインスタンスのルーティングインスタンス情報を表示します。がinstance-name省略された場合は、master インスタンスの情報が表示されます。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

システム名

ナ特定のシステムのトラフィックエンジニアリングデータベース情報を表示します。

topology-id topology

トポロジー情報を表示します。デフォルトでは、トラフィックエンジニアリングのトポロジー情報が表示されます。

必須の権限レベル

'95'5c

出力フィールド

表 1show ted databaseコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: データベース出力フィールドを表示

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

TED database

IS-IS および OSPF ドメインルーティングに参加しているノードと pseudonodes の数

すべてのレベル

ID

リンクの取得元ノードのホスト名とアドレスです。の.00アドレスは、ノードがルーティングデバイス自体であることを示しています。範囲0.01内のアドレスは、 0.FFノードが pseudonode であることを示します。ノードにルーター ID が含まれている場合は、括弧内に表示されます。

brief

NodeID

リンクの取得元ノードのホスト名とアドレスです。の.00アドレスは、ノードがルーティングデバイス自体であることを示しています。範囲0.01内のアドレスは、 0.FFノードが pseudonode であることを示します。

extensive

種類

ノードのタイプ。これは (ルーター Rtr ) またはNet (pseudonode) のどちらでもかまいません。

すべてのレベル

経過時間 (秒)

ノードが最後に更新されてから経過した時間 (秒単位)。

すべてのレベル

LnkIn

このノードに向かうノード数です。

すべてのレベル

LnkOut

このノードが指しているノード数。

すべてのレベル

プロトコル

ノード情報を報告したプロトコル:

  • IS-IS(1)—IS-IS 1 の高いレベルです。

  • IS-IS(2)—IS-IS 2 階です。

  • OSPF (area-number)— OSPFエリアからデータを取得します。

すべてのレベル

宛先

リンクの遠い端のアドレス。

detail extensive

地元の

リモートノードに到達するために使用されるローカルインターフェイスのアドレス。

detail extensive

遠隔

リモートノード上のインターフェイスのアドレスです。

detail extensive

ローカルインターフェイスインデックス

インターフェイスインデックスによって、RFC 4205 に記載されているように、IS-IS の番号付けなしの拡張をサポートする Junos OS が可能になります。

detail extensive

リモートインターフェイスインデックス

インターフェイスインデックスによって、RFC 4205 に記載されているように、IS-IS の番号付けなしの拡張をサポートする Junos OS が可能になります。

detail extensive

トラフィックエンジニアリングメトリックを設定しました。

extensive

IGP メトリック

内部ゲートウェイプロトコルメトリックを設定しました。

extensive

静的な BW

インターフェイス帯域幅の合計 (bps)。

extensive

Reservable 帯域幅

インターフェイスのサブスクリプションファクター (RSVP 予約プロセスに使用可能なリンク帯域幅の割合)。この設定は、RSVP のsubscription設定時にステートメントを含めることで行います。

extensive

Available BW [priority]

(Lsp をdiffserv-te設定するときに文を含める必要があります)RSVP によって優先度レベルごとに実際に予約された帯域幅です。表示される帯域幅は、個々の LSP ではなく、インターフェイス全体を対象としています。

extensive

Diffserv TE BW モデル

Lsp によって使用される帯域幅制約モデルです。

extensive

Available BW [TE-class]

(Lsp を設定diffserv-teする場合はステートメントを記述する必要があります)RSVP によってトラフィックエンジニアリングクラスごとに実際に予約された帯域幅です。

extensive

Static BW [CT-class]

MPLS トラフィッククラスによって使用されるインターフェイス帯域幅の合計 (bps)。

extensive

インターフェイス スイッチング機能記述子(n)

リンク TLV のサブタイプの長さ値 (TLV) であるインターフェイススイッチング機能記述子に関する情報。nインデックス番号です。

  • Switching type—特定のリンクで実行するスイッチングのタイプ:

    • PSC-1—パケット スイッチに対応 1

    • PSC-2—パケット スイッチに対応 2

    • PSC-3—パケット スイッチに対応 3

    • PSC-4—パケット スイッチに対応 4

    • L2SC—Layer-2-switch-capable

    • TDM—時分割マルチプレキシングに対応

    • LSC—ラムダのスイッチに対応

    • FSC—ファイバー スイッチに対応

  • Encoding type—要求されている LSP のエンコーディング:

    • Packet

    • Ethernet

    • ANSI/ETSI PDH

    • Reserved

    • SDH /SONET

    • Digital Wrapper

    • Lambda (photonic)

    • Fiber

    • FiberSDH/SONET

  • Maximum LSP BW [priority] bps—LSP 帯域幅の最大情報。各優先度レベルに対して実際に予約されている帯域幅の量。表示されている帯域幅は、インターフェイス全体を対象としています。

    • [n]:優先度レベル。範囲は0 (high) ~ (低7 ) までです。

    • n Mbps—最大帯域幅の量。

  • Minimum LSP BW:LSP の最小帯域幅(Mbps)。各優先度レベルに対して実際に予約されている帯域幅の量。表示されている帯域幅は、インターフェイス全体を対象としています。Minimum LSP BWは、またswitching typeTDMはのPSC-1場合にのみ表示されます。

  • Interface MTU—[ . の場合 switching type にのみ表示 TDM されます。

  • Interface supports standard SONET/SDH—[ . の場合 switching type にのみ表示 TDM されます。

extensive

サンプル出力

ted database brief を表示

ted のデータベースの詳細を表示

ted database の拡張を表示

[ted database の表示] トポロジー-id igp

データベーストポロジ-id bgp-ls-epe 拡張を表示

show ted database(IPv6)

リリース情報

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

instance instance-nameJunos OS リリース15.1 で追加されたオプションです。

topology-id topologyMX シリーズおよび PTX シリーズの Junos OS リリース 17.4 R1 に追加されたオプション。

リリースリリースで導入されたipv6 Junos OSサポート20.4R1。