Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show spring-traffic-engineering

Syntax

Description

SPRING トラフィック エンジニアリングのイングレスの詳細を表示します。

Options

簡単な|詳細

(オプション)出力の特定レベルを表示します。

Lsp

イングレス ルーターまたは PCC(Path Computation Client)上の SPRING トラフィックエンジニアリング LSP の詳細を表示します。

特定の色の SPRING トラフィックエンジニアリング LSP のみを表示します。このフィルタリング オプションは LSP でのみ使用でき、概要および sbfd では使用できません。

特定の宛先への SPRING トラフィックエンジニアリング LSP のみを表示します。宛先は IPv4/IPv6 to-address です。このフィルタリング オプションは LSP でのみ使用でき、概要および sbfd では使用できません。

概要

イングレス ルーターまたは PCC 上の SPRING トラフィック設計 LSP の概要を表示します。

sbfd

SPRING トラフィックエンジニアリング BFD セッションを表示します。

名前 lsp-name

(オプション)SPRINGトラフィックエンジニアリングの詳細を表示するために一致するLSP名の正規表現。

Required Privilege Level

ビュー

Output Fields

表 1 は、コマンドの出力フィールドについて show spring-traffic-engineering 説明します。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show spring-traffic-engineering Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

適用先

SR-TE LSP 宛先の IP アドレス。

都道府県

SR-TE LSP の状態:

  • ダウン

LSP 名

SR-TE LSP の名前。

S-ERO

ERO(Source Explicit Route Object)、または LSP パス。

帯域幅

SR-TE LSP に割り当てられた帯域幅。

委任情報

LSP 制御およびルーティング ステータス:

  • 制御ステータス:

    • 外部制御:PCE はソース ルーティング パスを制御します。

      これは、次の場合に発生する可能性があります。

      • ステートメントは lsp-external-controller pccd 、送信元ルーティング パスの下またはプライマリ セグメント リストの下で設定されます。

      • このコマンドは request path-computation-client retry-delegation lsp-name 、PCE によって以前に制御されなかった代理 LSP に対して発行されます。

    • ローカル制御:PCC は送信元ルーティング パスを制御します。

      これは、次の場合に発生する可能性があります。

      • PCE が送信元ルーティング パスの制御を返しました。

      • PCE による委任タイマーが期限切れになりました。

  • ルーティングステータス: 委任されたソース ルーティング パスにのみ適用されます。

    • 外部ルーティング —PCE は、PCUpdate を介して代理 LSP のソース ルーティング パスに ERO を提供しました。

    • ローカルルーティング —PCE は送信元ルーティング パスに ERO を提供しません。

ルート優先度

SR-TE LSP のルート プリファレンス。

LSP 数

SR-TE LSP の合計数と LSP 状態の統計情報。

外部コントローラ

LSP 外部コントローラの名前。デフォルトでサポートされている唯一の外部コントローラは.pccd

BFD 名

BFD セッションの名前。名前は IPv6 用に V4-srte_bfd_session-id 自動生成されます。

この名前は LSP パスの明示的ルート オブジェクト(ERO)スタックに基づいています。つまり、複数の LSP が同じパスを持つ場合は、同じ BFD セッション名を共有します。

BFD ステータス

BFD セッションのステータス: アップ、ダウン。

LSP の参照

参照する LSP の名前。LSP にパス名がない場合は、参照する LSP が unnamed path.

SR-ERO ホップ数

セグメント ルーティング ERO のホップ数。

ホップ 1

BFD セッションのパスを表します。他の LSP が同じパス上にある場合、その LSP は同じ BFD セッションを持っています。

表示された BFD セッション数の合計

すべての BFD セッションの合計数。

トンネル ソース

トンネル設定の送信元。例えば. static configuration

イングレス テレメトリ統計

センサー名と ID を含むイングレス テレメトリ統計。

トランジット テレメトリ統計

センサー名と ID を含むトランジット テレメトリ統計。

ERO 有効

受信した明示的ルート オブジェクト(ERO)が有効かどうかを示します。

Sample Output

show spring-traffic-engineering lsp name

show spring-traffic-engineering lsp detail

show spring-traffic-engineering lsp detail (BGP-SR-TE policies based tunnel)

show spring-traffic-engineering lsp detail (BGP-SR-TE policies based colored tunnels)

色付きトンネルの場合、テレメトリの詳細 が 表示されます。

show spring-traffic-engineering lsp detail (BGP-SRTE filter in tunnel source)

show spring-traffic-engineering lsp detail (PCE-Delegated LSPs)

show spring-traffic-engineering overview

show spring-traffic-engineering sbfd detail

show spring-traffic-engineering lsp detail name <name>

show spring-traffic-engineering lsp name <name> detail (Static route over SR-TE tunnel)

ステートメントが階層レベルで設定されている場合 tunnel-tracking 、次の出力が [edit protocols source-packet-routing] 生成されます。

注:

ステートメント Path Status が設定されていない場合 tunnel-tracking の NA を示します。

show spring-traffic-engineering lsp color <value>

show spring-traffic-engineering lsp destination <address>

Release Information

Junos OS リリース 17.2 で導入されたコマンド。

sbfd すべてのプラットフォームでJunos OSリリース19.4R1で導入されたオプションです。

color Junos destination OS 21.2R1で導入されたオプションです。