Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show rsvp route-session-id

Syntax

Description

Inet. 3 テーブルのリソース予約プロトコル (RSVP) によって追加された受信ルートに関連付けられている、セッション ID とバージョン情報を表示します。

セッション ID は、BGP プレフィックス非依存収束 (PIC) が有効なルーターの間接的な次ホップに使用される、事前に入力した識別子です。セッション ID は、セッションまたはパスを識別するために使用されます。

注:

protect coreを表示するために構成はroute-session-id必要ありません。

Options

なし

RSVP ルートセッションの詳細を検証および表示します。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show rsvp route-session-idコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show rsvp route-session-id Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

受信ルートの宛先

セッションの宛先 (送信ルーティングデバイス) です。

受信ルートの優先度

受信セッションの RSVP 優先度値です。

受信ルートメトリック1

メトリック1は RSVP 受信ルートに関連付けられています。

受信ルートメトリック2

メトリック2は RSVP 受信ルートに関連付けられています。

受信ルートセッション ID

RSVP 受信ルートに関連付けられたセッション ID。

バージョン

RSVP 受信ルートに関連付けられたバージョン番号です。

Sample Output

show rsvp route-session-id

Release Information

リリース16.1 Junos OSで導入されたコマンド。