Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show path-computation-client lsp

構文

説明

PCC(Path Computation Client)で知られるラベルスイッチ パス(LSP)の状態を表示します。

オプション

none

PCC に既知の LSP に関する情報を表示します。

extensive

(オプション)既知の各 LSP(ポイントツーポイント LSP およびポイントツーマルチポイント LSP)に関する幅広い出力レベルを表示します。

name

(オプション)一致する LSP 名の正規表現を入力します。LSP の特定の名前を入力して、多数の LSP から特定の LSP をフィルタリングできます。

p2mp

(オプション)既知のポイントツーマルチポイント パス計算要素(PCE)によって開始された LSP に関する情報を表示します。

必須権限レベル

ビュー

出力フィールド

表 1 は、コマンドの出力フィールドについて show path-computation-client lsp 説明します。出力フィールドは、表示される概算順にリストされます。

表 1: show path-computation-client lsp 出力フィールド

フィールド名

フィールドの説明

LSP 名

LSP の名前。

状態

LSP ステータス:

  • プライマリ(Act)—プライマリ LSP。

  • バイパス:PCE によって開始されるバイパス LSP。

PLSP-Id

各 LSP の PCEP 固有の一意識別子。ID は、PCEP セッションの有効期間中に PCC によって作成されます。

LSP タイプ

LSP のタイプ:

  • 外部プロビジョニング

  • 地元

コントローラ

外部パス コンピューティング エンティティの名前。

パスセットアップタイプ

LSP の設定に使用されるプロトコル:

  • RSVP-TE

  • SPRING-TE

テンプレート

使用するテンプレートの名前。

P2MP 名

PCE が開始する LSP のサブ LSP を含むポイントツーマルチポイント ツリーの名前。

P2MP 支社名

PCE によって開始された LSP のポイントツーマルチポイント ツリーを構成する支社/拠点サブ LSP の名前。

パス

LSP パスの名前。

適用元

LSP のイングレス IP アドレス。

適用先

LSP のエグレス IP アドレス。

都道府県

LSP の状態: 上下に表示されます。

アクティブ パス

アクティブ パスの名前。

リンク保護

LSP リンク保護。

P2mp ツリー

PCE が開始する LSP のサブ LSP を含むポイントツーマルチポイント ツリーの名前。

パス cspf ステータス

CSPF の計算は、外部コントローラまたはローカル ルーターによって実行されます。

LSP-ID

LSP 識別子。

RSVP エラー

RSVP エラー ID。

優先 順位

優先順位の設定と保持。

帯域幅

LSP 帯域幅。

要求された AutoBw

自動帯域幅のコントローラに帯域幅を要求しました。

コントローラ

外部コントローラの名前。

ルートの記録

LSP レコード ルート オブジェクト。

PCE ERO から(受信)

ルーティング プロトコル プロセスからコントローラが受け取った明示的ルート オブジェクト(ERO)。

RPD ERO から(報告)

ルーティング プロトコル プロセスから報告された ERO。

PCC で ERO を設定

EROをルーターに設定します。

Association

LSP のグループ化。

アソシエーション出力の詳細:

  • 関連付けタイプ — PCCD でサポートされるアソシエーションのタイプ。現在、関連付けのみが path protection サポートされています。

    注:

    関連付 path protection けは CLI 出力と同様 PROTECTION に表示されます。

  • アソシエーション ID — アソシエーション ID。

  • アソシエーション ソース — 関連付けを作成する PCEP スピーカーのアドレス。アソシエーションの path protection 場合、アソシエーション ソースは常に LSP のイングレス IP アドレスです。

PCE トラフィック ステアリング

MVPNフロー仕様の機能。

FS-ID

フロー仕様 ID。

ルート識別

MVPNインスタンスのルート識別。

送信元プレフィックス

MVPNフロー仕様の一致する送信元アドレス。

マルチキャスト グループ プレフィックス

MVPN フロー仕様の照会グループ アドレス。

都道府県

特定フロー仕様IDのフロー仕様状態。

RPD から最後に受け取った Rpt/Pcreqest は、

最後の PC レポートまたは PE 要求メッセージが受信された時刻。

PCE に送信された最終更新日:

最後の更新プログラムが PCE に送信された時刻。

最後の PcUpdate/PcE から受信したデータは、

最後の PC 更新メッセージがコントローラーから受信された時刻。

最後に PCE に送信されたエラーは、

最後の PC エラーがコントローラーに送信された時刻。

レポート/Pcrequest を送信する最後の 5 つの理由

  • 再設定

  • ダウン

  • Get_info

  • アクティブ

サンプル出力

show path-computation-client lsp

show path-computation-client lsp p2mp

show path-computation-client lsp extensive(PCE 開始ポイントツーマルチポイント LSP マッピングから MVPN)

show path-computation-client lsp extensive name <lsp name>

リリース情報

Junos OS リリース 17.2R1 で導入されたコマンド。

extensive MX p2mp シリーズルーターのJunos OSリリース18.3R1で導入されたオプションです。

name PTX10003-160CおよびPTX10008ルーター上のJunos OSリリース20.1R1およびJunos OS Evolvedリリース20.1R1で導入されたオプション。