Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show mpls static-lsp

Syntax

Description

構成されたアクティブな静的 MPLS (MPLS) ラベルスイッチパス (Lsp) に関する情報を表示します。

Options

なし

すべての構成済みおよびアクティブな静的 MPLS Lsp に関する標準情報を表示します。

brief |詳細 |拡張可能な |かつ

ナ指定された出力レベルを表示します。この extensive オプションはオプションと同じ情報を detail 表示しますが、最新の 50 件のイベントが対象です。

経由

ナ他の静的 Lsp を保護するために使用される Lsp を表示します。

名称

ナMPLS の静的 LSP の説明を表示します。この情報を表示するには、 [edit protocols mpls static-label-switched-path path-name bypass][edit protocols mpls static-label-switched-path path-name ingress]、または[edit protocols mpls static-label-switched-path path-name transit incoming-label]階層レベルで説明文を設定する必要があります。説明を持つ静的 Lsp のみが表示されます。

ダウン |する

ナ非アクティブまたはアクティブである静的 Lsp のみを表示します。

インスタンス インスタンス名

ナ指定されたルーティングインスタンスについて、設定済みおよびアクティブなすべての静的 MPLS Lsp に関する情報を表示します。がinstance-name省略された場合、マスターインスタンスのすべての設定済みおよびアクティブな静的 MPLS lsp に関する情報が表示されます。

論理システム(全| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

lsp タイプ

ナ特定の LSP タイプに関する情報を表示します。

  • bypass:バイパス LSP のセッション。

  • ingress—このルーティング デバイスから発生するセッション。

  • transit:このルーティング デバイスを通過するセッション。

名前

ナ指定された静的 LSP または Lsp のグループに関する情報を表示します。

統計

ナ静的 Lsp に関するアカウンティング情報を表示します。

転送

ナこのルーティングデバイスに静的な Lsp はを表示します。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show mpls static-lspコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show mpls static-lsp Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

出力レベル

Ingress LSPs

受信したルーティングデバイス上の静的 Lsp に関する情報。各セッションには、1行の出力があります。

すべてのレベル

Transit LSPs

転送ルーティングデバイスの静的 Lsp の数と、これらのパスの状態を表示します。MPLS は RSVP を照会することによってこの情報を学習します。これにより、すべての伝送セッション情報が保持されます。

すべてのレベル

Bypass LSPs

ルーティングデバイスに構成されたバイパス Lsp に関する情報。各セッションには、1行の出力があります。

すべてのレベル

LSPname

静的 LSP の名前。

すべてのレベル

To

セッションの宛先 (送信ルーティングデバイス) です。

すべてのレベル

State

この RSVP セッションで処理される静的 LSP の状態:UpDn (down)、またはRestart.

すべてのレベル

Packets

静的 LSP(オプションのみ)を通過 statistics するパケット数。

すべてのレベル

Bytes

静的LSP(オプションのみ)を通過 statistics するバイト数。

すべてのレベル

Nexthop

静的 LSP 用の次ホップルーターの IP アドレスです。

detailextensive

Bypass

(バイパス LSP)バイパス LSP の宛先アドレス (送信ルーティングデバイス) です。

すべてのレベル

Link protection desired

受信ルーティングデバイスによってリンク保護が要求されました。

detailextensive

LabelOperation

実行するラベルのオペレーション:Push, Pop, Swap.

detailextensive

Outgoing-label

プッシュまたはスワップラベル操作のいずれかで MPLS パケットに使用する送信ラベルです。

detailextensive

Created

(入口 LSP)静的 LSP が作成された日付と時刻。

extensive

Bandwidth

静的 LSP 用に設定された帯域幅。

detailextensive

Resv style

経由RSVP 予約スタイル。このフィールドは2つの部分で構成されています。アクティブな予約の数と、(固定フィルター)、(共有明示的)、または(ワイルドカード フィルター)を使用できる FFSEWF 予約スタイルです。

すべてのレベル

Sample Output

show mpls static-lsp extensive

show mpls static-lsp statistics ingress

show mpls static-lsp (when MPLS stitching is used)

[Mpls スタティック-lsp を表示] コマンドは Junos リリース 14.1 X53-D25 で拡張され、MPLS のステッチ機能に対応しています。この例では、LSP がプロトコルのネクスト ホップ解決を待つため、LSP の状態を「InProgress」として示しています。詳細については、を参照してください。

Release Information

Junos OS リリース10.1 で導入されたコマンドJunos OS リリース 14.1 X53-D25 で更新され、MPLS のステッチ機能に対応しています。