Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

show connections

Syntax

Syntax (EX Series Switches)

Description

構成された回線クロスコネクト (CCC) 接続に関する情報を表示します。

Options

なし

すべての設定された CCC 接続の標準レベルの出力を表示します。

すべての

ナすべての接続を表示します。

brief |大きな

ナ指定された出力レベルを表示します。接続履歴に関する情報を表示するには、履歴を使用します。ラベルを使用して、送信および受信 Lsp に使用されるラベルを表示します。状態を使用して、接続とインターフェイスのステータスに関する情報を表示します。

インターフェイススイッチ

ナインターフェイススイッチ接続のみを表示します。

lsp-スイッチ

ナLSP スイッチ接続のみを表示します。

p2mp-receive-switch

ナポイントツーマルチポイント LSP をローカルインターフェイスに表示します。スイッチ接続のみです。

p2mp-transmit-switch

ナローカルインターフェイスでは、ポイントからマルチポイント LSP へのスイッチ接続のみを表示します。

リモートインターフェイススイッチ

ナリモートインターフェイススイッチ接続のみを表示します。

ダウン |up |アップダウン

ナNonoperational、運用、またはその両方のタイプの接続を表示します。

ヒストリー

ナ接続履歴に関する情報を表示します。

ラベル

ナ送信と受信に使用されるラベルを表示します。

論理システム(すべての| 論理システム名)

ナこの操作は、すべての論理システムまたは特定の論理システムで実行します。

ネーム

ナ指定された接続のみに関する情報を表示します。

実績

ナ接続とインターフェイスのステータスに関する情報を表示します。

Required Privilege Level

'95'5c

Output Fields

表 1show connectionsコマンドの出力フィールドについて説明します。出力フィールドは、表示されている順序で表示されます。

表 1: show connections Output Fields

フィールド名

フィールドの説明

CCC and TCC connections [Link Monitoring On I Off]

リンク監視が有効になっているかどうかを示します。OnまたOffはです。

Legend for Status (St)

接続または回線の状態。ステータス フィールド値の説明については、出力の凡例を参照してください。

Legend for connection types

接続のタイプ:

  • if-sw:レイヤー 2 スイッチングクロスコネクトします。

  • rmt-if—リモート インターフェイス スイッチ。グレースフル リスタート中 rmt-if は、 の状態を (St) 表示 Restart します。

  • lsp-sw:LSP スティッチング クロスコネクト。グレースフル リスタート中 lsp-sw は、 の状態を (St) 表示 Restart します。

Legend for circuit types

回線のタイプ:

  • intf—インターフェイス回線。

  • tlsp:LSP 回線を送信します。

  • rlsp:LSP 回線を受信します。

Connection/Circuit

構成された CCC 接続の名前。

Type

接続のタイプ。

St

接続の状態。

Time last up

接続または回線が最後に(運用上の) Up 状態に移行した時刻。

# Up trans

接続または回線が(運用上の)状態に移行 Up した回数。

Sample Output

show connections

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド