Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

ping mpls ldp

Syntax

Description

LDP 信号ラベルスイッチ パスMPLSパス(LSP)接続の動作を確認します。コマンドを中断するには、 ping mpls Ctrl + c キーを押します。

Options

カウント

ナ送信する ping 要求の数です。指定 count されていない場合、5 つの ping 要求が送信されます。値の範囲は1 、通過1,000,000します。デフォルト値は5です。

宛先 アドレス

ナPing エコー要求にデフォルト (127.0.0.1/32) 以外のアドレスを指定します。アドレスはサブネット内の127/8任意のものにすることができます。

詳述

ナ送信および受信したエコー要求に関する詳細情報を表示します。

exp forwarding-class

ナMPLS ping パケットの転送クラスの値です。

fec

転送の同値クラス (FEC) プレフィックスと長さを使用して、LDP シグナル LSP に Ping を送信します。

インスタンス routing-instance-name

ナLSP に関連付けられたルーティングインスタンスと転送同等クラス (FEC) の組み合わせに対して ping を実行できます。

論理システム(全| 論理システム名)

ナすべての論理システムまたは指定された論理システム上でこの操作を実行します。

p2mp root-addr ip アドレス lsp-id 識別子

ナポイントツー multipoint LSP のエンドポイントに Ping を行います。ポイントツー multipoint LSP ルートの IP アドレスとポイントツー multipoint LSP の ID 番号を入力します。

サイズ バイト

(オプション)LSP ping リクエスト パケットのサイズ( 88 バイト 65468 )。パケットは4バイトに整列されています。たとえば、89、90、91、または92のサイズを入力すると、ルーターまたはスイッチは92バイトのサイズ値を使用します。最小サイズよりも小さいパケットサイズを入力すると、エラーメッセージが表示され、88バイトの最小値をユーザーに通知します。

送信元送信元アドレス

ナアウトゴーイングインターフェイスの IP アドレス。このアドレスは、ping 要求の IP 送信元アドレスフィールドで送信されます。このオプションが指定されていない場合、通常、デフォルトアドレスがlo.0ループバックインターフェース () になります。

断片・プロトコル

ナ中間ノード上のプロトコル断片です。

フレア

ナ最大送信単位のサイズ (MTU) を自動的に決定します。

Additional Information

LSP が変更された場合、そのpingコマンドを発行したときに表示されるラベルとインターフェイス情報は、今後も使用されます。MPLS は、リモートルーターまた[edit protocols mpls]はスイッチの階層レベルで設定し、そこで中断させる LSP に ping を実施する必要があります。MPLS は、LDP の転送同値クラス (FECs) のみに ping を行う場合でも構成する必要があります。

階層レベルのping mpls ldplsp-ping-interval[edit protocols ldp oam]ステートメントを使用して新しい時間を秒単位で指定することで、コマンドの ping インターバルを設定できます。詳細については、『 MPLS アプリケーションユーザーガイド』を参照してください。

非対称 MTU のシナリオでは、エコー応答がドロップされる場合があります。たとえば、システム A からシステム B への MTU が1000バイトである場合、システム B からシステム A への MTU は500バイト、ping 要求パケットサイズは1000バイトとなり、TLV がエコー応答に含まれるため、エコー応答は破棄されます。ため、非常に大きくなります。

注:

Juniper Cisco の相互運用ネットワークシナリオでは、応答メッセージの送信元アドレスが、その他のインターフェイスアドレスではない場合、別の IGP エリア内の Cisco デバイスからのポイントツーマルチポイント LSP ping エコー応答メッセージが Juniper デバイスにドロップされます。ループバックアドレスまたはルーター ID。Junos OS リリース 13.3 X8、14.2 R6、15.1 R4、15.1 F6、15.1 F5、S8、16.1 R1、およびそれ以降のリリースでは、このようなポイントツーポイント LSP の ping エコー応答メッセージが Juniper デバイスによって受け付けられ、メッセージが uncorrelated 応答として記録されるようになります。

Required Privilege Level

ネットワーク

Output Fields

このコマンドを入力すると、リクエストのステータスに関するフィードバックが提供されます。感嘆符 (!) は、エコー応答が受信されたことを示します。Period (.) は、エコー応答がタイムアウト期間内に受信されなかったことを示します。はx 、エラーコードを含むエコー応答が受信されたことを示します。エラーコードを含むパケットは、受信パケット数としてカウントされません。これらは個別に計上されています。

Sample Output

ping mpls ldp fec count

ping mpls ldp p2mp root-addr lsp-id

Release Information

Junos OS リリース7.4 より前に導入されたコマンド

sizeJunos OS sweepリリース9.6 で導入されたオプションもあります。

instanceJunos OS リリース10.0 で導入されたオプションです。

p2mproot-address、Junos OS lsp-idリリース11.2 で導入された、、およびオプションです。