Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

イーサネットオーバー MPLS (L2 サーキット) について

イーサネットオーバー MPLS では、レイヤー 2 (L2) イーサネットフレームを MPLS 上で透過的に送信できます。イーサネットオーバー MPLS では、MPLS に対応したレイヤー3コアを通じて、イーサネットトラフィックにトンネリングメカニズムを使用します。イーサネット・プロトコル・データ・ユニット (Pdu) を MPLS パケット内にカプセル化し、そのパケットを MPLS ・ネットワーク全体でラベル・スタッキングを使用して転送します。この技術には、サービスプロバイダ、エンタープライズ、およびデータセンター環境におけるアプリケーションが含まれています。災害復旧の目的で、データセンターは、地理的に離れ、WAN ネットワークを使用して相互接続された複数のサイトでホストされます。

注:

レイヤー2回路は、サーキットクロスコネクト (CCC) に似ていますが、2つのプロバイダエッジ (PE) ルーター間で単一のラベルスイッチパス (LSP) トンネルを介して複数のレイヤー2回線を転送できる点が異なります。それとは対照的に、各 CCC には専用の LSP が必要です。

データセンターにおけるイーサネットオーバー MPLS

災害復旧の目的で、データセンターは、地理的に離れ、WAN ネットワークを使用して相互接続された複数のサイトでホストされます。これらのデータセンターでは、以下の理由で L2 との接続が必要になります。

  • ストレージをファイバチャネル IP (FCIP) で複製します。FCIP は同一のブロードキャストドメインでのみ機能します。

  • サイト間で動的ルーティングプロトコルを実行します。

  • さまざまなデータセンターでホストされているノードを相互接続する高可用性クラスターをサポートします。