Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

segment-list

Syntax

Hierarchy Level

Description

セグメントルーティングリストを識別する名前 (トラフィックエンジニアリングポリシーに使用される) と、ソースルーティングラベル交換パス (Lsp) の明示的なパスを指定して、トラフィックエンジニアリングセグメントを走査します。セグメントのリストは基本的にセグメント識別子のスタックです。

Junos OS リリース 19.1 R1 を MX および PTX シリーズルーター用に開始すると、次ホップ IP アドレスを、対応するセグメント識別子 (SID) ラベルに変換する翻訳サービスを有効にできます。変換サービスは、各ホップに到達したノードを追跡します。

構成されてsegment-listいる場合、セグメントルーティングトラフィックエンジニアリング (SR TE) LSP は、パス上のすべてのホップに IP アドレスを受け付けます。これらの IP アドレスは、 node-typeノードのループバックアドレス、またはによって識別されるリンクの ip アドレスのいずれかになります。がauto-translation有効になっている場合、次ホップ IP アドレスは、翻訳サービスを使用して、対応する sid に自動的に変換されます。再試行頻度は、 source-packet-routing階層レベルで再試行タイマーに設定できます。

注:

セグメントリストを使用すると、セグメントルーティングポリシーに基づいてトラフィックを誘導する BGP と静的セグメントルーティング LSP が可能になります。プロトコル BGP によってセグメントリストが使用される場合、BGP プロトコルは、これらのセグメント識別子を検証し、トラフィックエンジニアリングのために有効なセグメントを選択します。

Options

お名前

名前を指定してセグメントリスト内の SR-TEを識別します。

注:

トンネル名と LSP 名の組み合わせ長は、パス単位のテレメトリが機能する 53 文字を超えることはできません。

<hop 名前>

セグメントルーティングトラフィックエンジニアリングポリシー (SR TE) の次ホップを示します。

  • ip-address—ホップの IP アドレスを指定します。色が付いていないセグメントルーティング LSP がセグメントリストを使用するには、最初のホップで IP アドレスを指定する必要があります。

  • label—セグメント ルーティングおよびセグメント リストで、ホップの SID ラベルトラフィック制御します。静的なセグメントルーティング Lsp では、ソースルーティングパスはセグメント識別子 (SID) ラベルを指定している場合にのみ、送信元 routing path によって区分リストが使用されます。

    注:

    範囲は 0 ~ 1048576 で、BGP および静的セグメントルーティング Lsp に適用されます。

  • label-type— 以下のオプションを使用して、指定されたアドレスがリンクのループバック アドレスではなく、ノードの IP アドレスである場合に使用します。

    • node—指定されたホップは、ホップ IP アドレスのタイプに応じて、ノード SID または anycast SID のいずれかであるプレフィックス SID に変換 node されます。IP アドレスは、リンクnodeとして認識されているとは限りません。

    注:

    最初のホップnodeが a である場合は、LSP の解決がinherit-label-nexthops正常に機能するにsource-packet-routingは、いずれかの階層レベルsegment-listまたは関連する階層レベルで有効にする必要があります。

  • loose | strict—順序でルーター IP を使用して指定した IP ホップは、ス厳しいホップとルーズ ホップの場合があります。Strict ホップは、シーケンス内の前のノードに直接接続されている必要があります。緩やかなホップは、前のノードに直接接続されているとは限りません。

    注:

    ルーター Id だけを指定して、緩やかなホップ制約または厳密なレベル制限にすることができます。ラベルやその他の IP アドレスは、Junos OS リリース19.2 の R1-S1 では、緩いまたは厳しいホップ制約としてはサポートされていません。

  • srv6-sid—IPv6 アドレスの形式で SRv6 セグメントリストの SID を示します。

    注:

    SRv6 セグメントリストは、ノード SID(エグレス ノードのトランジットおよびエンドシドのエンドシドまたはエンド x sid)である SRv6 SID のみを含むできます。そのため、セグメント リストの最後の SRv6 SID をエグレス PE のエンド sid として正しく設定する必要があります。

自動翻訳

このオプションを有効にする必要があるのは、特定のセグメントリストで、最初のホップ以外のホップではなく、Sid の代わりに IP アドレスを使用できるようにするためです。さらに、セグメントリスト内のすべてのホップは IP アドレスを持っている必要があります。リストに IP アドレスとラベルが両方とも構成されている場合、ラベルは保持されます。前のノードがアドレスに隣接する SID をアドバタイズしている場合、リンクアドレスはラベルにのみ変換されます (その他の場合は変換が失敗します)。

注:

Junos OS リリース 19.1 R1 では、自動平行移動を OSPF に対応するために、参加しているすべてのインターフェイスでセグメントルーティングの RSVP を有効にする必要があります。

  • protected—(オプション)隣接関係 SID がバックアップ パスの対象であり、B フラグが隣接関係 SID アドバタイズメントで設定されている場合は、このオプションを有効にします。また、選択mandatoryされている場合を除き、選択が成功することに注意してください。

    • mandatory—(オプション)ホップリストに保護されていないリンクが見つかった場合に変換が失敗する場合 このオプションを有効にします。

  • unprotected—(オプション)特定の隣接関係 SID に対してバックアップ パスが計算され、B フラグが隣接 SID アドバタイズメントに設定されていない場合は、このオプションを有効にします。また、選択mandatoryされている場合を除き、選択が成功することに注意してください。

  • mandatory—(オプション)保護されたリンクがホップリストに見つかった場合に変換が失敗する場合、このオプションを有効にします。

判定

ナセグメントリストで指定されたパス計算用の明示的なパスの使用を有効にします。

inherit-ラベル-nexthops

このセグメントリストの最初のホップの場合、最初のホップで IP アドレスとラベル両方が設定されたラベルの次のホップを継承します。

ステートメントは、グローバルinherit-label-nexthopsに、またはセグメントリストごとに個別に設定できます。

このinherit-label-nexthopsステートメントは、セグメントリストの最初のホップに IP アドレスと SID ラベルの両方が存在する場合にのみ有効です。

inherit-label-nexthops[edit protocols source-packet-routing segment-list]階層で構成されていない場合、セグメントリストの最初のホップに ip アドレスとラベルの両方が指定されていると、デフォルトの動作は ip アドレスを使用することになります。

srv6 セグメント リストで SRv6 TE指定します。

残りのステートメントは個別に説明されています。詳細については、 CLI エクスプローラーで文を検索するか、「シンタックス」セクションでリンクされた文をクリックします。

Required Privilege Level

routing— このステートメントを設定で表示するには。

routing-control—このステートメントを設定に追加します。

Release Information

Junos OS リリース 17.4 R1 で導入された文。

ip-addressMX シリーズルーター上の Junos OS リリース18.1 で発表された文。

inherit-label-nexthopsnode-typeauto-translate 19.1 は、MX シリーズルーターで Junos OS r1 をリリースしました。

dynamicJunos OS に導入された文は、すべてのプラットフォーム上で19.2 ドルの R1 をリリースしています。

computeloose、19.1 strictは、MX シリーズルーター上で Junos OS r1-S1 で導入された文です。

srv6-sid ステートメントは、Junos OS リリース 21.3R1 で紹介されています。

srv6 ステートメントは、Junos OS リリース 21.3R1 で紹介されています。