Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

Junos OS を使用したルーターまたはスイッチの初期構成

このトピックでは、Junos OS を使用した最初のネットワーク デバイス設定タスクの概要について説明します。

初めてデバイスをオンにすると、Junos OS が自動的に起動して起動します。デバイスがネットワーク上にあり、ネットワーク経由でログインできるように、基本的な設定情報を入力する必要があります。

デバイスを最初に設定するには、コンソール ポートを介して接続する必要があります。

まだ設定されていないデバイスのコンソールに最初に接続する場合は、ユーザー rootとしてログインします。最初は、root アカウントにパスワードは必要ありません。コマンド プロンプトにユーザー名が表示されるので、自分がユーザー root, root@#であることがわかります。

コマンドを使用して、Junos OS CLI(コマンドライン インターフェイス)を起動する cli必要があります。コマンド プロンプト root@> は、ユーザー root であり、Junos OS 動作モードであることを示します。コマンド configureを入力して、Junos OS 設定モードにします。コマンド プロンプト root@# は、Junos OS 設定モードであることを示します。

最初にデバイスを設定するときは、次の基本プロパティを設定する必要があります。

  • デバイスホスト名

  • ドメイン名

  • デバイス管理イーサネット インターフェイスの IP アドレス。設定に使用する管理イーサネット インターフェイスについては、 ルーター別にサポートされるルーティング エンジンを参照してください。

  • バックアップ ルーターの IP アドレス

  • ネットワーク上の 1 つ以上の DNS ネーム サーバーの IP アドレス

  • root アカウントのパスワード