Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

パーソナリティアップグレードプロセス

デバイスのパーソナリティアップグレードプロセスの理解

デバイスのパーソナリティは、デバイスの目的とデバイスが提供するソリューションの組み合わせとして定義できます。たとえば、スイッチは、ネットワーク上の2つ以上のネットワークデバイスを接続するように設計されたレイヤー2(データリンク層)デバイスです。ほとんどのスイッチ(一部のレイヤー3スイッチを除く)は、送信元デバイスからデータパケットを受信し、データを処理し、同じネットワーク内の宛先デバイスに転送するブリッジデバイスとして機能します。対照的に、ルーターは複数のネットワークを接続します。主に機能は、自身のネットワークまたは他のネットワーク宛てのパケットを転送することであるため、通常はレイヤー3(ネットワーク層)デバイスです。

Junos OS リリース 18.2R1 以降、デバイス全体をアップグレードしなくても、インストールされたパーソナリティから新しいパーソナリティにデバイスのパーソナリティをアップグレードできます。

デバイスに読み込まれたビルド イメージは、デバイスのパーソナリティを定義します。例えば、PTX10008などのコアルーターを購入したとします。ルーターに読み込まれたビルド イメージは、インストールされているパーソナリティ(つまり PTX10008)を示します。パーソナリティをアップグレードして、MX10008などのエッジルーターとして使用することもできます。その場合、デバイスのパーソナリティはMX10008に変わります。同様に、デバイスのパーソナリティをMX10008からPTX10008に変更できます。デバイスのパーソナリティをアップグレードするだけで、スイッチ(QFX10002-60Cなど)とルーター(PTX10002-60Cなど)を切り替えることもできます。

デバイスのパーソナリティをあるデバイスから別のデバイスにアップグレードするには、両方のデバイスでサポートされている特定の共通のハードウェアコンポーネントが必要です。MX10008とPTX10008の場合、共通のルーティングおよびコントロールボード(RCB)であるJNP10K-RE1と8スロットのユニバーサルシャーシ(JNP10008)の存在により、1つのデバイスから別のデバイスにシームレスにアップグレードできます。

メモ:

スペアのJNP10K-RE1 RCBを注文すると、MX10008ビルドのイメージがそのRCBにインストールされます。スペアのJNP10K-RE1には、/ var/tmp の場所にPTX10008ビルドのイメージも含まれています。そのイメージを使用して、MX10008 ルーターを PTX10008 にアップグレードできます。

パーソナリティアップグレードの利点

  • 再利用:同じデバイス(ユニバーサルシャーシ)をエッジルーター、コアルーター、またはスイッチとして使用できます。

  • 時間の節約:新しいデバイスパーソナリティをネットワークに迅速に展開できます。

  • 設備投資と運用コストの削減-新しいデバイスを購入する代わりに、デバイスの個性をアップグレードできます。

  • ネットワーク成長管理:デバイスの個性をアップグレードすると、成長予測が落胆しているときにネットワーク成長を管理するのに役立ちます。

  • ディストリビューターの在庫および保管コストを削減します。

ガイドラインと制約事項

このセクションでは、デバイスのパーソナリティをアップグレードする際に考慮すべきガイドラインについて説明します。

  • 推奨される CLI コマンドを使用せずにデバイスのパーソナリティをアップグレードしようとすると、デバイスにアクセスできなくなり、不安定になる可能性があります。

  • デバイスにインストールする予定のイメージを検証するための組み込みの制限やチェックはありません。

  • インストールされているイメージが、新しいパーソナリティにアップグレードするために必要なコマンドをサポートしていることを確認します。そうでない場合は、新しいパーソナリティにアップグレードする前に、新しいバージョンのイメージにアップグレードしてください。

  • デバイスのパーソナリティをアップグレードすると、デバイスに存在する設定が新しいパーソナリティに移行されます。これは、Junos OSのアップグレードと似ています。したがって、新しいパーソナリティでサポートされていない設定は、パーソナリティをアップグレードする前に削除する必要があります。新しいイメージで再起動した後、サポートされていない設定がデバイスに保持されている場合、デバイスは工場出荷時のデフォルト設定に戻ります。

  • 管理インターフェイスにアクセスできるように、デバイスで必要最小限の設定を保持します。

メモ:

ジュニパーネットワークスは、 コマンドを使用して以前にインストールしたパーソナリティに戻すことをサポート request vmhost software rollback していません。

サポートされているパーソナリティのアップグレード

表1 は、Junos OSでサポートされているデバイスのパーソナリティアップグレードのさまざまな組み合わせを示しています。

表1:Junos OSでサポートされているパーソナリティのアップグレード

インストールされたパーソナリティ

新しい個性

Junos OSの初期リリース

共通ハードウェアコンポーネント

MX10008

PTX10008

18.2

ルーティングおよびコントロールボード(JNP10K-RE1)

PTX10008

MX10008

18.2

ルーティングおよびコントロールボード(JNP10K-RE1)

QFX10002-60C

PTX10002-60C

18.2

PTX10002-60C

QFX10002-60C

18.2

MX10016

PTX10016

18.4

ルーティングおよびコントロールボード(JNP10K-RE1)

PTX10016

MX10016

18.4

ルーティングおよびコントロールボード(JNP10K-RE1)

次の方法で、デバイスのパーソナリティを新しいパーソナリティにアップグレードできます。

  • USB フラッシュ ドライブの使用

  • Junos OS CLI の使用

  • PXE ブート・サーバーの使用

USB フラッシュ ドライブを使用したデバイスのパーソナリティのアップグレード

デバイスに読み込まれたビルド イメージによって、デバイスのパーソナリティが定義されます。デバイスをアップグレードすることで、デバイスのパーソナリティを変更できます。

USB アップグレードでは、SSD のコンテンツが消去され、イメージが USB フラッシュ ドライブからプライマリ ディスクとセカンダリ ディスクの両方にインストールされます。使用した画像に基づいて、デバイスはPTX10008またはMX10008として表示されます。これは、以前にインストールされたデバイスのパーソナリティとは関係ありません。

メモ:

スペアのJNP10K-RE1 RCBを注文すると、MX10008ビルドのイメージがそのRCBにインストールされます。スペア RCB には、/ var/tmp ロケーションにあるPTX10008ビルドのイメージも含まれています。そのイメージを使用して、MX10008 ルーターを PTX10008 にアップグレードできます。

USBフラッシュドライブを使用してデバイスのパーソナリティをアップグレードするには:

  1. 外付けUSBフラッシュ ドライブを挿入します。外付けフラッシュドライブが認識される。
  2. デバイスを再起動します。
  3. プロンプトが表示されたら、システムの再起動後にUSBフラッシュドライブを取り外します。
メモ:

ジュニパーネットワークスは、 コマンドを使用して以前にインストールしたパーソナリティに戻すことをサポート request vmhost software rollback していません。

CLIを使用したデバイスのパーソナリティのアップグレード

デバイスに読み込まれたビルド イメージによって、デバイスのパーソナリティが定義されます。デバイスをアップグレードすることで、デバイスのパーソナリティを変更できます。

Junos OS を搭載したデバイスで CLI 設定を使用することで、デバイスのパーソナリティをアップグレードできます。

メモ:

スペアのJNP10K-RE1 RCBを注文すると、MX10008ビルドのイメージがそのRCBにインストールされます。スペア RCB には、/ var/tmp ロケーションにあるPTX10008ビルドのイメージも含まれています。そのイメージを使用して、MX10008 ルーターを PTX10008 にアップグレードできます。

Junos OSでデバイスのパーソナリティをアップグレードする方法

Junos OS を実行するデバイスのパーソナリティをアップグレードするには、次の CLI 手順を使用します。

  • インストールされたイメージが、新しいパーソナリティにアップグレードするために必要なCLIコマンドをサポートしていることを確認します。そうでない場合は、新しいパーソナリティにアップグレードする前に、新しいバージョンのイメージにアップグレードしてください。

  • パーソナリティをアップグレードする前に、サポートされていない設定、または新しいパーソナリティと互換性のない設定を削除してください。新しいイメージで再起動した後、サポートされていない設定がデバイスに保持されている場合、デバイスは工場出荷時のデフォルト設定に戻ります。

Junos OS CLI を使用してデバイスを新しいパーソナリティにアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. 動作モードで、インストールされているデバイスのパーソナリティを確認します。MX10008デバイスを購入した場合、インストールされているデバイスのパーソナリティは と表示されます mx10008。PTX10008デバイスを購入した場合、インストールされているデバイスのパーソナリティは と表示されます ptx10008
  2. https://www.juniper.net/support/ からソフトウェア パッケージまたはビルド イメージをダウンロード します。ソフトウェア パッケージのダウンロードについては、 ソフトウェアのダウンロード(Junos OS)を参照してください。ソフトウェア パッケージをルーターの /var/path/package-name ディレクトリに保存します。たとえば、ソフトウェア パッケージを /var/tmp ディレクトリに保存できます。
    メモ:

    アップグレードするパーソナリティに固有のソフトウェアパッケージをダウンロードします。PTXシリーズルーター用のソフトウェアパッケージは、MXシリーズルーター用のソフトウェアパッケージとは異なります。

  3. 設定モードで、 コマンドを使用してソフトウェア パッケージ request vmhost software add path/package-name をインストールします。次のように、アップグレードする新しいパーソナリティに基づいてソフトウェアパッケージをインストールします。
    メモ:

    オプションを指定し no-validate ない場合、ルーターは以下のエラーメッセージを表示します。 error: Upgrading to a different model is supported only with no-validate option.

  4. ルータを再起動して、新しいパッケージが読み込まれます。
  5. show version コマンドを実行して、アップグレードが成功したことを確認します。デバイスのパーソナリティをMX10008デバイスにアップグレードした場合、デバイスの新しいパーソナリティは と表示されますmx10008。デバイスのパーソナリティをPTX10008デバイスにアップグレードした場合、デバイスの新しいパーソナリティは と表示されますptx10008
メモ:

ジュニパーネットワークスは、 コマンドを使用して以前にインストールしたパーソナリティに戻すことをサポート request vmhost software rollback していません。

4 つのパーティションすべてが同じパーソナリティにアップグレードされるようにするには、次の手順を実行します。

  1. コマンドを使用して、ソリッド・ステート・ドライブ (SSD) ディスク 2 request vmhost reboot からブートします。

  2. および オプションを使用して upgrade-to-model 、新しいパーソナリティにアップグレードします no-validate 。このコマンドは、SSD ディスク 1 の両方のパーティションをアップグレードします。

    PTX10008にアップグレードする場合は、PTXシリーズルーター用の パッケージを同梱し、 オプションの前に no-validate と交換してください。X ptx10008MX10008 にアップグレードする場合は、MX シリーズ ルーターの パッケージを同梱し、 オプションの前に no-validatemx10008置き換えXます。

  3. デバイスが SSD ディスク 1 から起動したら、SSD ディスク 1 からディスク 2 にスナップショットを作成します。

    この手順により、ディスク2の両方のパーティションが新しいパーソナリティにアップグレードされます。

ステップ 1 からステップ 3 を完了すると、4 つのパーティションすべてが新しいパーソナリティにアップグレードされます。

PXE ブート サーバーを使用したデバイスのパーソナリティのアップグレード

デバイスに読み込まれたビルド イメージによって、デバイスのパーソナリティが定義されます。デバイスをアップグレードすることで、デバイスのパーソナリティを変更できます。

デバイスのパーソナリティは、起動前実行環境(PXE)ブートサーバを使用してアップグレードできます。PXE ブートは、使用可能なデータ記憶装置またはインストールされているオペレーティング・システムに依存しないネットワーク・インターフェースを使用して、デバイスをブートするためのクライアント/サーバー環境を準備します。オペレーティング システムのイメージは TFTP サーバに保存されます。イメージごとに個別の PXE ブート サーバーを使用できます。

メモ:

スペアのJNP10K-RE1 RCBを注文すると、MX10008ビルドのイメージがそのRCBにインストールされます。スペア RCB には、/ var/tmp ロケーションにあるPTX10008ビルドのイメージも含まれています。そのイメージを使用して、MX10008 ルーターを PTX10008 にアップグレードできます。

PXE ブートサーバーの方法を使用して、インストールされたパーソナリティから新しいパーソナリティにデバイスのパーソナリティをアップグレードするには:

  • デバイスにインストールするイメージを PXE ブート サーバーにコピーします。

  • デバイスを再起動して、イメージをインストールします。

メモ:

イメージを PXE ブート サーバーに既にコピーしている場合は、デバイスを再起動してイメージをインストールします。

インストールするイメージを PXE ブート サーバーにコピーし、イメージをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. ダウンロードしたインストールメディアを PXE ブートサーバーの / var/tmp ディレクトリにコピーします。

    例えば:

  2. PXE ブート サーバーにログインし、インストール ファイルを確認します。

    例えば:

  3. junos-vmhost-install-net TARファイルを解凍します。

    例えば:

  4. 以前にインストールしたファイル (存在する場合) を /tftpboot ディレクトリから削除します。
  5. ネットワークインストールパッケージを展開します。

    例えば:

  6. 以前にインストールしたルートファイルシステム/ スクリプト の名前を変更するか、/ var/install ディレクトリから削除します。新しい / var/install ディレクトリを作成します。
  7. インストールパッケージを展開します。

    たとえば、このサンプル出力はPTXシリーズのデバイスインストールパッケージに固有のものです。

  8. /var/install フォルダーに属性ファイルが含まれていることを確認します。指定した場所にファイルが存在しない場合は、属性ファイルをコピーします。
    メモ:

    属性ファイルは、画像のパーソナリティ情報で構成されています。属性ファイルが存在しない場合、PXE ブート サーバに関連するイメージがある場合でも、デバイスは新しいパーソナリティにアップグレードできません。

  9. /var/install および /tftpboot ディレクトリ内のファイルのパーミッションを設定します。
  10. PXE ブート サーバーを終了します。
  11. イメージを PXE ブート サーバーにコピーした後、デバイスにイメージをインストールするには、デバイスを再起動してイメージをインストールします。

    ルーターは PXE サーバーから起動し、両方の SSD にイメージをインストールします。

デバイスの再起動に失敗した場合は、USBディスクインストールオプションを使用できます。ただし、USBディスクのインストールを使用した後、ルーターが再起動に失敗したり、アクセスできない場合は、コンソールで次の手順を実行します。

  1. シャーシの電源を入れ直すか、RCB(JNP10K-RE1)を取り外して再度差し込みます。

  2. ESCボタンを押して、ブートマネージャメニューに移動します。

  3. を選択し Boot Manager、Enter キーを押します。

  4. ETH00 (xx:xx:xx:xx:xx:xx)オプションを選択します。警告メッセージが表示されます。プロンプトで、プライマリ ディスクとセカンダリ ディスクの両方にイメージをインストールすることを選択しますy

  5. 運用モードで、アップグレードが成功したことを確認します。デバイスのパーソナリティをMX10008にアップグレードした場合、デバイスの新しいパーソナリティは mx10008です。デバイスのパーソナリティをPTX10008にアップグレードした場合、デバイスの新しいパーソナリティは ptx10008です。

メモ:

ジュニパーネットワークスは、 コマンドを使用して以前にインストールしたパーソナリティに戻すことをサポート request vmhost software rollback していません。

変更履歴テーブル

機能のサポートは、使用しているプラットフォームとリリースによって決まります。 機能エクスプローラー を使用して、機能がプラットフォームでサポートされているかどうかを判断します。

リリース
説明
18.2R1
Junos OS リリース 18.2R1 以降、デバイス全体をアップグレードしなくても、インストールされたパーソナリティから新しいパーソナリティにデバイスのパーソナリティをアップグレードできます。