Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

request system snapshot (Junos OS with Upgraded FreeBSD)

構文

説明

アップグレードされた FreeBSD を使用した Junos OS には、次の 2 種類のスナップショットがあります。

  • 回復スナップショット

  • 非回復スナップショット

Recovery snapshots- このコマンドを使用してrequest system snapshot recovery、復旧スナップショットを作成します。回復スナップショットには、スナップショットの作成時に作成されたパッケージと構成のコピーが含まれています。リカバリスナップショットは、/oam ボリュームのrecovery.ufsに保存されます。

TVP プラットフォームを使用する QFX は、これらのコマンドをサポートしていません。

注意:

プラットフォームが Junos OS をアップグレードされた FreeBSD バージョン(Junos OS リリース 15.1R1 以上)にアップグレードすると、Junos OS は新しい Junos OS バージョンでリカバリスナップショットを自動的に生成します。その後は、新しいソフトウェア バージョンにアップグレードするたびに、復旧スナップショットを要求する必要があります。

Non-recovery snapshotsrequest system snapshot- コマンドを使用して、非リカバリスナップショットを作成します。非回復スナップショットは、基本的にソフトウェア コンポーネントと構成ファイルの一覧であり、ソフトウェアまたは構成の主要な変更が発生し、既知の安定したシステム ベースラインを確立する必要がある場合に役立ちます。

ルーターまたはスイッチ上で、現在実行中のアクティブなファイルシステムパーティションを、実行されていないスタンバイパーティションにバックアップします。非リカバリスナップショットの名前は snap.date.time で、/ packages/sets ディレクトリに保存されます。

request system snapshotコマンドを実行した後、実行中のソフトウェアとバックアップコピーが同一であるため、以前のバージョンに戻すことはできません。

オプション

none

ルーターまたはスイッチ上で、現在実行中のアクティブなファイルシステムパーティションを、実行されていないスタンバイパーティションにバックアップします。具体的には、 snap.< date>.< timeという名前の 非リカバリスナップショットが作成され >/packages/setsに格納されます。

delete snapshot-name

(オプション)特定の非復旧スナップショットを / packages/sets から削除します。ワイルドカードがサポートされているため request system snapshot delete snap* 、すべてのスナップショットが削除されます。

load snapshot-name

(オプション) /packages/sets から特定のスナップショットを読み込みます。

media type

(オプション)ソフトウェアのコピー先のブートデバイスを指定します。

  • usb—(MX960ルーターのみ)USBポートに接続されたデバイスにソフトウェアをコピーします。

recovery

回復スナップショットを作成し、 /oam ボリュームに格納します。

詳細な情報

ルーターまたはスイッチのソフトウェアをアップグレードする前に、既知の安定したシステムがある場合は、 コマンドを発行 request system snapshot して、設定を含むソフトウェアを/ packages/sets ファイルシステムにバックアップします。ルーターまたはスイッチのソフトウェアをアップグレードし、新しいパッケージが正常にインストールされ、実行されていることを確認したら、コマンドを再度発行 request system snapshot して、新しいソフトウェアを / packages/sets ファイル システムにバックアップします。

注意:

ルータまたはスイッチのソフトウェアをアップグレードし、新しいパッケージが正常にインストールされ、実行されていることを確認した後、またはルーティング エンジンの 1 つを交換した場合は、 コマンドを発行 request system snapshot recovery して、新しい更新されたリカバリ スナップショットを作成する必要もあります。Junos OS は、障害があると判断された場合、再起動時に Junos OS ボリュームをリカバリスナップショットから自動的にリカバリスナップショットから復元します。また、リカバリスナップショットに保存された設定も復元されます。

スナップショット スクリプト (非復旧スナップショットの出力を生成するスクリプト) は XML 出力を生成しません。このような場合は、<output> タグが使用されます。

必要な権限レベル

メンテナンス

出力フィールド

このコマンドを入力すると、リクエストステータスに関するフィードバックが提供されます。

サンプル出力

システム スナップショットの回復を要求する

システムスナップショットの要求

システムスナップショットを表示

システム スナップショットの削除の要求

リリース情報

Junos OS リリース 15.1 で導入されたコマンド。

Junos OSとアップグレードされたFreeBSDを使用するすべてのプラットフォームで導入されたコマンド。どのリリースでどのプラットフォームが Junos とアップグレードされた FreeBSD を使用しているかを確認するには、 Feature Explorer を参照して「 」と入力し freebsdJunos カーネルを FreeBSD 10+ にアップグレードすることを選択してください。