Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

VMホストのインストール、アップグレード、バックアップ、回復

Junos OSソフトウェア パッケージをインストールし、デバイスでソフトウェア パッケージをホストできます。次の設置オプションが用意されています。

メモ:

VMホストのインストールは、QFX10002-60CスイッチとPTX10002-60Cルーターでは動作が異なります。詳細 については、「 QFX シリーズ への ソフトウェア パッケージのインストール 」と 「PTX10002-60C ルーターへのソフトウェアのインストール」を参照してください。しかし、ロールバック機能とスナップショット機能に関する情報は、QFX10002-60C スイッチと PTX10002-60C ルーターで同じように機能します。

  • 新鮮な設置: この設置方法は、工場への設置や腐敗後の復旧に使用できます。PXE(Preboot Execution Environment)/NetBoot または USB インストール メディア パッケージを使用して、新しいインストールを実行できます。このインストール方法では、ホストOS、ツール、仮想マシンをJunosします。

    PXE ブートとは、利用可能なデータ ストレージ デバイスやインストール済みオペレーティング システムに依存しないネットワーク インターフェイスを使用してデバイスを起動する環境です。PXE 環境は、インターネット プロトコルとサービスを基盤として構築されています。これには、TCP/IP、DHCP、TFTP が含まれます。このインストール方法は、内部メディアの状態に依存せずに、主にデバイスにオペレーティング システムをインストールするために使用されます。ネットワークをインストールするために必要なソフトウェアは、TFTPサーバーに保存されます。PXE ブート方法はリモートインストールをサポートするため、インストールに関する対人支援の必要性を克服します。詳細については、「 VM ホストの インストール パッケージの PXE ブート サーバーへのコピー 」を参照してください。VM ホスト インストール パッケージを PXE request vmhost reboot network ブート サーバーにコピーした後、 コマンドを使用してデバイスを再起動してソフトウェアをインストールできます。デバイスは PXE サーバーから起動し、両方の SSD にソフトウェアをインストールします。

    内部メディアに障害が発生したり、デバイスがインストールされていない場合にデバイスの再起動に失敗した場合に、USBディスクのインストール方法を使用Junos OS。詳細については、「 VM ホスト サポートを使用したルーティング エンジン用の緊急ブート デバイスの作成 」を参照してください

    USB を使用した新しいインストールでは、両方の SSD にJunos OSディレクトリが追加されます。

    • 現在の.p

    • バックアップ.p

    • バックアップ.b

  • 通常のインストール:このインストール方法は通常、アップグレードまたはダウングレード用です。この手順を使用して、現在実行中の仮想マシンにランタイム インストール パッケージをインストールJunosコンポーネントをアップグレードまたはダウングレードできます。Junos VMは、互換性を確保するためにアップグレードやダウングレードが必要なソフトウェアコンポーネントを識別するための依存関係チェックを実行します。

メモ:

RE-S-X6-64G-LT および RE-MX2K-X8-64G-LT ルーティング エンジンは、アップグレードされた FreeBSD Limited イメージを使用して Junos OS のみを起動するために制限されています。 junos-vmhost-install プレフィックスで始まる Limited イメージ以外のイメージを使用してデバイスをインストールまたはアップグレードしようとする場合、これらのデバイスは起動しません。

VM ホストのアップグレード

すべてのリリースJunos OSバンドルされたファイルのグループです。ルーティング エンジン RE-MX-X6、RE-MX-X8、RE-PTX-X8 は、64 ビット バージョンのプロトコルのみをサポートJunos OS。

メモ:

/config および /var 以外のディレクトリに重要なファイルがある場合は、デバイスをアップグレードする前に、そのファイルを安全な場所にコピーします。/config および /var(/var/etc を除く)のファイルは、VM ホストのアップグレード後に保持されます。

メモ:

1つ以上のカスタム YANG データ モデルが追加されているデバイスにソフトウェアをインストールする前に、アクティブな設定からカスタム YANG データ モデルに対応する設定データをバックアップして削除します。詳細については、「 ソフトウェア アップグレードまたはダウングレード中の YANG パッケージと設定の 管理 」を参照してください

VM ホストのアップグレードを実行するには、 junos-vmhost-install-x.tgz イメージを使用 します。このアップグレードでは、互換性のあるデバイスとともにホスト イメージがJunos OS。

メモ:

RE-S-X6、RE-MX-X8、RE-PTX-X8ルーティング エンジンでJunos OSをアップグレードするには、常にVMホストインストールパッケージを使用します。jinstall パッケージを使用しては使用しない。

メモ:

Junos OS リリース 21.4R1 以降では、ACX5448、MX204、MX240、MX480、MX960 ACX5448、MX2010、MX2020、MX2008 root ルーターがアップグレード中に、アップグレード中に、Junos VM から Linux ホストにイメージをコピーするためにログインが必要です。アップグレードの前に、 ステートメントを削除するか system services ssh root-login deny 、 に設定を変更する必要があります system services ssh root-login deny-password。アップグレードが完了したら、ステートメントを設定 system service ssh root-login deny に追加し戻します。詳細 https://kb.juniper.net/

次の例は、アップグレード操作を示しています。複数のソフトウェア パッケージとソフトウェア アドオン パッケージを同時にインストールできます。

VM ホスト ロールバック

前回正常に動作した時点でロードされたソフトウェアバージョンに戻す必要 request vmhost software add があります。コマンドを使用して、ホスト OS パッケージを含む以前のソフトウェア パッケージにロール バック request vmhost software rollback できます。

次の例は、ソフトウェア ロールバック操作を示しています。セット ルーティング エンジン p を使用してプライマリ ディスクから起動したデバイスは、アップグレードの前にセット b を使用して起動していた。

user@host> request vmhost software rollback
Current root details, 		Device sda, Label: jrootp_P, Partition: sda3
      Finding alternate root for rollback
      Rollback to software on jrootb_P ...
      sh /etc/install/mk-mtre-rollback.sh jrootb_P b
      Mounting device in preparation for rollback...
      Updating boot partition for rollback...
      Rollback complete, please reboot the node for it to take effect.
      Cmos Write successfull
      Cmos Write successfull for Boot_retry
      Cmos Write successfull for Boot_retry
        

user@host> show vmhost version 
Current root details, 		Device sda, Label: jrootp_P, Partition: sda3
      Current boot disk: Primary
      Current root set: p
      UEFI 	Version: NGRE_v00.53.00.01
      Primary Disk, Upgrade Time: Wed Feb 24 17:51:53 UTC 2016
      Pending reboot.
      Version: set p
      VMHost Version: 2.951
      VMHost Root: vmhost-x86_64-15.1I20160210_2212_builder
      VMHost Core: vmhost-core-x86_64-15.1I20160210_2212_builder
      kernel: 3.10.79-ovp-rt74-WR6.0.0.20_preempt-rt
      Junos Disk: junos-install-x86-64-15.1F5.5
      Version: set b
      VMHost Version: 2.953
      VMHost Root: vmhost-x86_64-15.1F520160222_1052_builder
      VMHost Core: vmhost-core-x86_64-15.1F520160222_1052_builder
      kernel: 3.10.79-ovp-rt74-WR6.0.0.20_preempt-rt
      Junos Disk: junos-install-x86-64-15.1F5.6
      

VM ホスト スナップショット

スナップショット機能により、デバイス上で現在実行中のアクティブなファイル システム パーティションのコピーを作成できます。

デバイスで、ホストOSイメージのスナップショットをデバイス イメージとJunos OSできます。コマンドを使用して request vmhost snapshot 、バックアップ ディスクに VM ホスト リカバリー スナップショットを作成できます。

VMホストスナップショットを使用したディスク復旧

プライマリ ディスク(disk1)の状態が良好で、バックアップ ディスク(disk2request vmhost snapshot)をリカバリーする必要がある場合、コマンドを使用して、ルーティング エンジン をプライマリ ディスクから起動した場合にバックアップ ディスクを復元します。セカンダリ ディスクのpartition状態が分かっていない場合、またはディスク内のファイル システムの状態が一貫していない場合は、 コマンド に オプションを含める。 request vmhost snapshot partition

バックアップ ディスク(disk2)の状態が良好で、プライマリ ディスク(disk1request vmhost snapshot recovery)をリカバリーする必要がある場合、コマンドを使用して、ルーティング エンジン がバックアップ ディスクから起動された場合にプライマリ ディスクを復元します。プライマリ ディスクの状態partitionrequest vmhost snapshot recovery partitionが分かっていない場合、またはパーティション テーブルの状態が悪い場合は、 コマンド 、 .

必要なディスクから起動するには、コマンドを実行 request vmhost reboot { disk1, disk2} します。