Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
 

file (JET)

構文

階層レベル

説明

階層レベルの [edit system extensions extension-service application] ファイルの場合、拡張機能サービス アプリケーション内の各ファイルの設定を指定します。

オプション

arguments arguments

JET アプリケーションによって呼び出されたコマンド行引数を指定します。プログラムは、任意の数のコマンドライン引数を取ることができます。アプリケーションが想定する方法で引数を入力します。開発者は、この情報を提供する必要があります。

daemonize

デーモンとしてファイルを指定します。アプリケーションは、バックグラウンドでデーモン化されたプロセスとして実行されます。デーモン化プロセスとして実行するように設定されたアプリケーションは、コミット時に自動的にトリガーされます。デーモン化されていないアプリケーションは、コマンド・ライン・クライアントから手動でトリガーする必要があります。

filename

スクリプト ファイルのローカル ファイル名。

interpreter (bash | python | python3)

Junos OS Evolvedを実行しているデバイスが、Bash、Python、またはPython 3を使用して、デバイス上でデーモン化されたJETアプリケーションを実行する必要があるかどうかを指定します。

respawn-on-normal-exit

JET アプリケーションをアップグレードする場合など、アプリケーションを正常に終了した後、Python で作成されたデーモン化 JET アプリケーションを自動的に再始動します。このオプションが構成されていない場合、アプリケーションが正常に終了しても、自動的に再起動されません。このオプションは、 オプションを使用してデーモン化プロセスとして実行するように設定された Python JET アプリケーションでのみ使用 daemonize できます。

username username

拡張サービスが実行する権限を持つユーザーの名前を指定します。このユーザー名は、 階層レベルで設定されます [edit system login] 。ユーザー名を extension-service アプリケーションに関連付けなかった場合、アプリケーションはユーザー nobodyとして実行されます。

  • デフォルト: 誰も

残りのステートメントは別々に説明します。 CLI エクスプローラを参照してください。

必要な権限レベル

メンテナンス—設定でこのステートメントを表示します。

保守制御—このステートメントを設定に追加します。

リリース情報

Junos OS リリース 16.1 で導入されたステートメント。

refreshrefresh-from、 、 respawn-on-normal-exitrouting-instanceおよび source Junos OS リリース 18.1R1 で追加されたオプション。

interpreter リリース 20.3R1 Junos OS Evolved追加されたオプション。