Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページでは
 

例: IPv4 IS-IS IPv6 ユニキャスト アドレスのデュアル スタックの設定

この例では、仮想ネットワークでIPv4およびIPv6のデュアルスタックを設定する方法IS-IS。

要件

この例を設定する前に、デバイス初期化以外の特別な設定を行う必要はありません。

概要

既存のネットワークにIPv6とIPv4を実装することで、IPv4とIPv6のデュアルスタックを使用してIPv4からIPv6への移行を開始できます。これにより、IPv6 を実装して、現在 IPv4 ネットワークで提供しているのと同じサービス(映像、音声、高品質データなど)を IPv6 上で提供できます。その後、IPv6への段階的アップグレードを実行し、IPv4からIPv6に移行する間にサービスの中断を回避できます。

RIP やプロトコルOSPFとは異IS-IS、IPv6 をサポートするために個別のプロトコルや新しいバージョンを必要とします。ISO アドレスIS-IS使用のため、IPv6 および IPv4 の設定は、ISO アドレスの実装のJunos OSと同IS-IS。IPv6 IS-ISを実行するには、IPv6 アドレスを IS-IS 対応のインターフェイスに追加するか、IS-IS エクスポート ポリシーに他の IPv6 ルートを含める必要があります。

IPv6に関してIS-IS必要な唯一の明示的な設定は、無効にする場合です。または、IPv4 ルーティングを無効にし、IPv6 IS-ISデバイスを使用できます。それぞれの例を以下に示します。

デバイスの IPv6 ルーティングをIS-IS:

IPv6 IS-IS専用のインターフェイスを使用します。

図 1 は 、この例で使用されているトポロジを示しています。

図 1:IS-IS IPv4 および IPv6 デュアルスタック トポロジ IS-IS IPv4 and IPv6 Dual Stacking Topology

CLI簡易構成は 、図 1 のすべてのデバイスの設定 を示しています。デバイス R1 #configuration326__isisの手順については、デュアルスタックに関 するセクションを手順で説明します。

構成

手順

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更してから、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペースト [edit] します。

デバイス R1

デバイス R2

デバイス R3

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションについて、詳しくは CLI ガイド の 設定モードでの CLI エディター の使用 Junos OS CLI を参照してください

デュアル スタックをIS-ISするには、次の手順に示します。

  1. 各インターフェイスでIPv4とIPv6の両方のアドレスを含むインターフェイスを設定します。

    必要に応じて、 ステートメント eui-64 を含め、インターフェイス アドレスのホスト番号部分を自動的に生成します。

  2. インターフェイスIS-ISを有効にします。

結果

設定モードから、 および コマンドを入力して設定 show interfaces を確認 show protocols します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

デバイスの設定が完了したら、設定モード commit から を入力します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

ネイバーの隣接関係の確認

目的

近隣デバイスでサポートされているトポロジをIS-ISします。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show isis adjacency detail します。

意味

予想した通り、出力は2つのネイバーがIPv4とIPv6の両方をサポートしています。IPv4 アドレスと IPv6 リンクローカル アドレスも表示されます。

IPv6 インターフェイスへの ping

目的

リモート IPv6 インターフェイスに ping を実行できる必要があります。

アクション

動作モードから、 コマンドを入力して、デバイス R2 からデバイス R3 に ping ping します。

  1. デバイス R3 に割り当てられた IPv6 アドレスを確認します。

    この例に示すようにEUI-64アアドレスを使用すると、IPv6アドレスのホスト部分が自動的に割り当てられます。割り当てるアドレスを決定するには、デバイス show interfaces terse R3 の コマンドを使用します。

    ping 可能な IPv6 アドレスは、2001:db8:0:1:2a0:a514:0:124c および 2001:db8:3 です。

  2. デバイス R2 から、デバイス R3 fe-1/2/0.0 IPv6 インターフェイス アドレスおよび lo0.0 IPv6 インターフェイス アドレスに ping を実行します。

意味

このテストでは、このIS-ISが IPv6 ルートを学習したと確認します。

IPv6 ルーティング テーブルの確認

目的

予想されるルートが IPv6 プロトコルに含ルーティング テーブル。

アクション

意味

出力は、IPv6 インターフェイス ルート(直接およびローカル)と、このインターフェイスを通して学習した IPv6 ルートIS-IS。