Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

このページでは
 

例: 1 ホップのネイバーでの ECMP トラフィックIS-IS分散

この例では、1 ホップ離れた IS-IS ネイバーにトラフィックを配信して最適なネットワーク ネットワークを確保するために、ECMP(重み付き等コスト マルチパス)ルーティングを設定する方法を示ロード バランシング。重み付け ECMP ルーティングは、複数のパス上でトラフィックを均等に分散して、ネットワークロード バランシング。しかし、重み付け ECMP ルーティングは、パケット単位のパケット転送中にトラフィックを均等に分散するよりも効率的ロード バランシング。

要件

この例では、次のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 2 MX シリーズ ルーター

  • Junos OS リリース 15.1F4以降

仮想ネットワークで重み付け ECMP をIS-ISする前に、以下を確認してください。

  1. デバイス インターフェイスで IP アドレスを設定します。

  2. 設定IS-IS。

  3. 設定ロード バランシング

  4. パケット単位のポリシー設定ロード バランシングします。

概要

Junos OS リリース 15.1F4 から、ecMP(等コスト マルチパス)ネクスト ホップのゲートウェイに関連付けられた論理インターフェイス帯域幅情報を取得するために、IS-IS プロトコルを設定できます。パケット単位のトラフィック分散ロード バランシング使用可能な帯域幅に基づいており、1 ホップ距離の ECMP パスで受信トラフィックの帯域幅を最適に使用できます。サービス パケット転送エンジンはトラフィックを均等に分散しませんが、バランス値を考慮して、帯域幅の可用性に応じてトラフィックを分散します。ただし、この機能は、1 ホップ以上離れた ECMP パスでは使用できません。

トポロジ

1 では、ルーター R0 とルーター R1 の間に 3 個のアグリゲート イーサネット バンドル ae0、ae1、ae2 と各リンクが 4 個設定されています。このパケット転送エンジン帯域幅に応じて、リンクの 1 つがダウンすると、3 つのイーサネット バンドル間でトラフィックを均等に分散します。

図 1:1ホップネイバー上の ECMP トラフィックIS-IS分散 Weighted ECMP Traffic Distribution on One Hop IS-IS Neighbors

構成

CLI迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 [edit] commit

ルーター R0

ルーター R1

ルーター R0 の設定

手順

次の例では、設定階層でさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI エディターの使用 」を 参照してください

ルーター R0 を設定するには、次の手順に示します。

注:

適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更した後、ルーター R1 に対してこの手順を繰り返します。

  1. 設定する重み付け ECMP インターフェイスの最大数を指定します。グレースフルスイッチオーバーを有効にし、作成するアグリゲート イーサネット インターフェイスの数を指定します。

  2. トラフィックを暗号化するために、同じ宛先に複数のリンクをロード バランシングします。

  3. 基礎となる物理帯域幅に基づいて、適切な帯域幅を使用して論理インターフェイスを設定します。

    注:

    論理インターフェイスの場合、基礎となる運用インターフェイスの帯域幅に基づいて、等コストのマルチパス間でトラフィックを分散するインターフェイス帯域幅を設定します。1つのインターフェイスで複数の論理インターフェイスを設定する場合は、各論理インターフェイスに適切な論理帯域幅を設定して、論理インターフェイス上で必要なトラフィック分散が表示されます。

  4. ネットワーク要件に従って、IPv4またはIPv6アドレスを使用してインターフェイス上にIPアドレスを設定します。

  5. ae0アグリゲート イーサネット バンドルの4つのメンバー リンクを設定します。

  6. ae1アグリゲート イーサネット バンドルの4つのメンバー リンクを設定します。

  7. ae2アグリゲート イーサネット バンドルの4つのメンバー リンクを設定します。

  8. ae0 アグリゲート イーサネット インターフェイス用に IP アドレスと LACP(リンク アグリゲーション 制御プロトコル)を設定します。

  9. ae1 アグリゲート イーサネット インターフェイス用に IP アドレスと LACP(リンク アグリゲーション コントロール プロトコル)を設定します。

  10. ae2 アグリゲート イーサネット インターフェイス用に IP アドレスと LACP(リンク アグリゲーション コントロール プロトコル)を設定します。

  11. ループバック インターフェイス アドレスと iso ファミリー アドレスを設定します。

  12. すべてのIS-IS AE バンドルでインターフェイス インターフェイスを設定します。

  13. パケット単位の設定ロード バランシング。

  14. パケット単位のポリシーロード バランシング適用します。

  15. 直接接続したネイバー上で ECMP トラフィックの重み付IS-IS有効にする。

結果

設定モードから、 、および のコマンド show chassis を入力して show interfaces show protocols show policy-options 設定を確認 show routing-options します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

設定が正常に機能されていることを確認します。

等コストの複数パスでのトラフィックの均等な分散を検証

目的

トラフィックが集約されたイーサネット バンドル上で均等に分散されている必要があります。

アクション

動作モードから コマンドを入力 show route 198.0.0.1 extensive します。

意味

IS-IS 3 つの集約イーサネット バンドルで使用可能な帯域幅が同じ場合、トラフィックは均等に分散されます。

使用可能な帯域幅における等しくないトラフィック配信を検証

目的

パケット単位のIS-IS帯域幅に応じて、アグリゲート リンクの 1 つがダウンした場合に、ネットワークがトラフィックを不均ロード バランシングを分散していないかを確認します。

アクション

ae0 バンドルのリンクのいずれかを無効にして、ae1 と ae2 で使用可能な帯域幅を ae0 で 3g、4g にします。動作モードから コマンドを入力 show route 198.0.0.1 extensive します。

意味

IS-IS ae0 バンドルの帯域幅はわずか 3G と言います。そのため、使用可能な帯域幅に応じてロード バランシングパケット単位を変更します。出力に応じて、アグリゲート イーサネット リンクの 1 つがダウンしたため、ae0 上で使用可能な帯域幅はわずか 27% です。このようにIS-IS帯域幅に応じて、トラフィックを均等に分散しません。

Logicalインターフェイスで等しくないトラフィック分散を検証

目的

設定された論理帯域幅IS-ISに基づいて、トラフィックが論理インターフェイスに不均等に分散されていることを検証します。

アクション

リリース履歴テーブル
リリース
説明
15.1F4
Junos OS リリース 15.1F4 から、ecMP(等コスト マルチパス)ネクスト ホップのゲートウェイに関連付けられた論理インターフェイス帯域幅情報を取得するために、IS-IS プロトコルを設定できます。