Help us improve your experience.

Let us know what you think.

Do you have time for a two-minute survey?

 
このページの
 

例: セグメント ルーティングの SRGB を設定してIS-IS速度を上げ

この例では、IS-IS プロトコルのネットワーク(SPRING)でのセグメント パケット ルーティングまたは SR(セグメント ルーティング)の SRGB(セグメント ルーティング ラベル ブロック)ラベル範囲を定義する方法を示しています。この構成により、セグメント ルーティング ドメイン全体でラベルの予測可能性が高まっているので、ネットワークの速度が向上します。

メモ:

当社のコンテンツテストチームは、この例を検証および更新しました。

要件

この例では、次のハードウェアとソフトウェアのコンポーネントを使用しています。

  • 2 MX シリーズ ルーター

  • Junos OSデバイスで実行されている、リリース17.2以降のリリース17.2以降

    • リリース 21.1R1 でvMXを使用してJunos OS更新および再び確認されました。

メモ:

この機能の実践的な経験を得てみませんか?

vLabsジュニパー、構成済みの vLabサンドボックス:セグメント ルーティング - 基本を予約して、無料で試してみてください。

IS-IS ドメインでセグメント ルーティング用に SRGB ラベル範囲を設定する前に、ルーティング プロトコルとシグナリング プロトコルを設定してください。

概要

現在、Junos OS ノード セグメント インデックスのみを設定できます。開始ラベルの値は、システムで使用可能な動的ラベルによって異なります。SRGB に動的ラベル範囲が予測可能に割り当てられるため、Junos OS ではセグメント ルーティングで使用される SRGB ラベル範囲を設定できます。SRGB 範囲のラベルは、アプリケーション ドメインのセグメント ルーティングIS-ISされます。つまり、アドバタイズされたラベルは、セグメント ルーティング ドメイン全体で、より予測可能で、より正確です。

トポロジ

図 1 は、ルーター R1 とルーター R2 で設定された SRGB を示しています。

Topology

構成

CLI構成の迅速な設定

この例を迅速に設定するには、以下のコマンドをコピーして、テキスト ファイルに貼り付け、改行を削除し、ネットワーク設定に一致する必要がある詳細情報を変更し、コマンドを階層レベルで CLI にコピー アンド ペーストして、設定モードから を入力します。 [edit] commit

R1

R2

デバイス R1 の設定

手順

次の例では、設定階層内のさまざまなレベルに移動する必要があります。デバイスのナビゲーションの詳細については、「 CLI ガイド 」の「 設定モードでの CLI Junos OS CLI エディター の使用 」を 参照してください

デバイス R1 を設定するには、次の手順に示します。

メモ:

適切なインターフェイス名、アドレス、その他のパラメーターを変更した後、デバイス R2 に対してこの手順を繰り返します。

  1. SRGB 機能が MPC および MIC インターフェイスを持つルーターでのみサポートMX シリーズ、拡張 ip モードをスイッチで設定します。この設定をコミットした後、システムが再起動する必要があります。

  2. インターフェイスを設定します。

  3. インターフェイス上で MPLS プロトコルを設定します。セグメント ルーティングを機能するには、 [ ] 階層の下で任意のステートメント edit protocols mpls を設定できます。たとえば、 abstract-hop class-of-service 、 、 、 et label-range optimize-switchover-delay cetra 。

  4. SRGB の開始ラベルとインデックス範囲を設定します。

    メモ:
    • SID(バインディング セグメント ID MPLSラベルが SRGB 開始ラベルと SID インデックス値の合計値である必要があります。さらに、SID インデックス値は、設定で指定されたインデックス範囲値以下である必要があります。

    • Junosエクスポート ポリシーを介して SID インデックスが割り当てられたときに、SID インデックスが SRGB の範囲内IS-IS確認しない。設定されていない SRGB のインデックスを設定した場合、ログや設定のコミット中にエラー メッセージが表示されません。Junos OS階層レベルで SID を設定した場合にのみ、コミット エラーが [edit protocols isis source-packet-routing] 表示されます。

  5. ノード セグメントの IPv4 インデックス値を設定します。

  6. ノード セグメントの IPv6 インデックス値を設定します。

  7. レベル 1 を無効にし、インターフェイスで IS-IS プロトコルを設定し、ループバック インターフェイス lo0.0 をパッシブとして設定します。

結果

設定モードから、 、 、 および のコマンドを入力して show chassis show interfaces 設定を確認 show protocols します。出力結果に意図した設定結果が表示されない場合は、この例の手順を繰り返して設定を修正します。

検証

概要設定が正常に機能されていることを確認します。

設定可能な SRGB の検証

目的

詳細な概要情報で、構成可能な SRGB ラベル範囲IS-IS確認します。

アクション

動作モードから、 コマンドを show isis overview 実行して、アプリケーションの概要IS-ISを表示します。

意味

出力には、設定済みの SRGB 開始ラベルと SRGB インデックス範囲が表示されます。SRGB ラベル範囲の終わりは、開始ラベル値とインデックス範囲の合計です。セグメント ルーティング ドメイン内のすべてのデバイスは、同じ SRGB 範囲値を持つ必要があります。